「子供のためにも…」市川由衣、夫・戸次重幸との“長期喧嘩”に心配の声

アサジョ / 2019年7月13日 10時14分

写真

 女優の市川由衣が7月5日に放送されたバラエティ番組「金曜日のどっち!?」(テレビ朝日系)に出演。夫で俳優の戸次重幸との結婚生活について明かしている。

 結婚4年目に突入している市川だが、現在の結婚生活について訊ねられた市川は「いい感じだと思います」と、夫婦関係が良好であると回答。

 続けて、夫婦喧嘩の有無についても聞かれると、「そうですね。そんなに喧嘩もなく」と喧嘩することもあまりないと説明している。しかし、「喧嘩すると結構長引きますけど…」と話し、その具体的な期間については「1~2週間は家庭内別居みたいな…」と苦笑いを浮かべながら告白している。

 とはいえ、市川自身も2週間にわたって口を利かないことはやはり嫌なようで「すごい嫌です。子どももいるので、子どもの連絡事項だけになっちゃう」と、もう間もなく3歳になる子どもについての必要最小限の話はしているとしながらも、「お互いめちゃくちゃ頑固なので。お互い折れなくて(喧嘩してから)2週間経っちゃって」と、喧嘩の長期化については“頑固な性格”が原因であると分析してみせた。

 最後にはメールの長文で、お互いの気持ちを言い合って解決するというのが仲直りまでの流れということだが、番組MCのアンタッチャブル・山崎弘也も思わず「めんどくさそうだな」とポロリ。

 共演者でバツ4のMALIA.は市川夫婦について「凄いですよね。それ(喧嘩)を乗り越えられるっていう」と、喧嘩が長期化してもなんだかんだで夫婦関係が修復できていることを感心している。

 一方、視聴者からは「市川さんは気が強そうだし、戸次さんも結構めんどくさい性格だからな。でも2週間の家庭内別居は子どものために良くないよ」「きっと子どもは顔色を窺ったり、ものすごく親に気を遣うだろうから、家庭内別居は良くないよ」「夫婦喧嘩してる時の子供が感じる空気の圧迫感ってかなりしんどいんですよ」「どちらかが大人になりましょうよ」など、喧嘩が長期化することは“子供のために良くない”といった心配の声が多数見受けられる。

「基本的には喧嘩も滅多なことでは起きず、こういったエピソードをテレビで話せるということは、つまるところ夫婦仲がギスギスしているというわけではないでしょう。しかし、2人がそれを大丈夫としていても、喧嘩の度に家庭内別居が長期化するという環境は、子どもにとっては良くないことも間違いありません。喧嘩の原因の一例として市川が挙げたのも、宅配便を受け取らなかったことといった本当に些細なことだそうですから、それが長引くのは確かに心苦しいものがあるでしょう」(エンタメ誌ライター)

 戸次の性格がなかなか面倒くさいことは戸次のファンの間でも知られており、市川は良く頑張っているという受け取り方をしている人も多いようだ。市川の方が戸次より12歳年下ではあるものの、何かあった時には市川の方で寛容的に歩み寄ることがベストな方法かもしれない?

(田中康)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング