アウトドア・レジャーでの日焼けの“し過ぎ”を防ぐ3つのアイテム

アサジョ / 2019年8月17日 10時14分

写真

 夏といえば海や山などでのアウトドア! ピクニックやキャンプも夏の楽しみの定番ですが、うっかり日焼けをしてしまい、後悔した経験はありませんか? そこで、日焼けの“し過ぎ”を防ぐ3つのアイテムを紹介します。

■UVカットの長袖の服を着る

 日焼け止めを塗り、帽子をかぶって長袖を着るのは基本ですよね。これにプラスして、今はUVカットのウェアもたくさん出ているので、ぜひ探してみましょう。もしくは、水に濡れてもOKな、UVカットのロンググローブでも効果ありですよ。

■フェイスカバーをつける

 顔周りの日焼けが気になるなら、フェイスカバーがオススメ。これなら首周りの日焼けもしっかり防止できます。

■美白と紫外線カットを両方叶える日焼け止めを選ぶ

 日焼け止めを選ぶ場合、紫外線防止効果があるSPF50以上でPA++++の最高ランクのものや、ウォータープルーフの日焼け止めを選ぶのが前提です。そのうえで、「美白効果のある薬用成分」を含むものを選んでみるのも一つの方法ですよ。

 アウトドアを思う存分楽しむためにも、夏は上手に日焼け対策を行いたいですね。ぜひ参考にしてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング