フジ・久代萌美が松本人志に「干されればいいのに」と反撃できたワケ!

アサジョ / 2019年8月25日 10時14分

写真

 フジテレビの久代萌美アナウンサーが8月18日放送のバラエティ番組「ワイドナショー」に出演。ダウンタウンの松本人志からのイジられ発言を受けて、言葉で反撃する場面が見られた。

 番組ではモデルの新川優愛がロケバスの運転手と結婚したニュースについて紹介。その流れから番組アシスタントを務める久代アナの恋愛事情についての話に脱線し、久代アナは今現在、周囲には気になる男性がいないと説明していた。

 しかし、そんな久代アナに対して、松本が「すげえコンパしてるらしいけどね」と茶々を入れると、久代アナは動揺。「してないです。ホントにしてないですぅ~」と苦笑いしながら必死に松本の発言を否定。視聴者に誤解を与えるウソ情報を口にした松本には「ホントに嫌い。干されればいいのに…」と恨み節を全開にしていた。

 この久代アナの反撃に松本は「こんなことで干されたらたまるか!」とごもっともなツッコミを入れ、このやりとりに共演者たちは爆笑していたのだが…。

「17年1月に放送されたバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)にアシスタントとして久代アナが初登場した際には、とんねるずの石橋貴明から『ブスパン』という不名誉なあだ名をつけられ、以降も毒舌が売りの鬼越トマホークの金野博和から『フジテレビにしてはあまり可愛くねーんだよ』とドギツい一言を浴びせられ、涙目になったことも。リアクションが面白く、イジリ甲斐があることから現在もイジられキャラのイメージは強まっていますが、久代アナも徐々に芸人からのイジリをサラッと流せる耐性がついてきたように思えますね」(エンタメ誌ライター)

 大御所芸人たちにイジられ、知名度が上がってきたことも事実だが、本当にイラっと来た時には松本に限らず、相手に物怖じすることなく噛みついて言って欲しい!?

(田中康)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング