香取慎吾「スッキリ」生出演の陰にあった加藤浩次との“友情秘話”

アサジョ / 2019年9月3日 7時15分

写真

 8月28日に放送された生番組「スッキリ」(日本テレビ系)に、元SMAPの香取慎吾が生出演。国際パラリンピック委員会特別親善大使として、来年行われる東京2020パラリンピックについてアピールした。

「香取は、SMAP時代の2015年にパラサポートセンターの壁画を描いたことがきっかけで、パラリンピックについて学ぶようになり、去年の平昌冬季大会を生観戦。東京パラで行われる22競技中、10競技を実際に体験していることも明かしています」(テレビ誌ライター)

 香取の久しぶりの地上波登場に、ネットも大興奮。「こんな日が来るとは!嬉しすぎる!」「いい表情してるね慎吾ちゃん」「事務所忖度なくてそこもスッキリ!!」といったコメントが寄せられるのと共に、「スッキリ」がツイッターの“トレンド1位”になるなど、注目を集めている。

「さらに香取は、番組内でパラリンピックのイチ押し競技も発表。その中で地上のカーリングと呼ばれる『ボッチャ』については、ボッチャの道具も購入しているとコメント。ボッチャが楽しめる『ボッチャバー』のようなものが欲しいと思い入れを口にすると、MCの加藤が『新しい地図』対『スッキリチーム』での対戦を提案。すると香取は『いいですね。熱くなりますよ草なぎ(剛)は。稲垣(吾郎)はどうかわからない』と発言。この夢対決にも『ぜひお願いします!!』といった言った期待を寄せるコメントが躍りました」(スポーツ紙記者)

 MCの加藤と香取は、2002年にドラマ「人にやさしく」(フジテレビ系)で共演しており、2017年に放送された香取慎吾の番組「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)に加藤が出演した際に「(山本が事件を起こした折)電話をかけてきてくれ、心が折れそうな時に励まされた」と話すなど、二人は太い絆で結ばれている。

「今年7月に元SMAPのメンバー3人に対して、ジャニーズ事務所が出演させないように圧力をかけたのではないかとして公正取引委員会から注意を受けた問題が浮上した際も、他局のワイドショーがコメントを際控える中で、加藤は『スッキリ』の中であえて触れ、こうした状況について『今の時代で考えたらちょっとおかしい』『業界全体が変わっていくきっかけになればいい』と発言。今回、地上波に香取を呼んだことから好感度は勿論、視聴率もアップ。これで吉本とエージェント契約を結んでも『スッキリ』は当分の間、安泰なのでは」(放送作家)

 こうなったら「新しい地図」対「スッキリチーム」の“ボッチャ対決”をぜひ観てみたい!

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング