「あな番」若手女優が軒並み脚光!西野七瀬はドラマの“美女ポジ”に最適!?

アサジョ / 2019年9月9日 18時15分

写真

 全20話にわたって交換殺人事件を描いてきたドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)が9月8日に最終回を迎えた。視聴者注目の黒幕が奈緒の演じる尾野幹葉ではなく、西野七瀬の演じる女子大生・黒島沙和だったことには驚きの声と納得の声の両方があがっていたようだ。

 その「あな番」には何人もの若手女優が出演していたが、本作の出演で評価を一気に上げた女優について、テレビ誌ライターが指摘する。

「その筆頭は奈緒でしょう。狙った男性を次々と落とす魅力を持ちつつ、粘着質の性格で視聴者に恐怖心を与える二面性を備えた難しい役ながらで、奈緒はわずかな表情の変化で怒りや焦りを表現するという高い演技力を発揮しました。その一方でトーク番組に番宣で出演する時には愛くるしい笑顔を全開にし、《こんなに可愛い子がいたのか!》と視聴者を驚かせることに。18年度上半期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』ではヒロインの親友役で出演するも、知名度にはなかなか繋がりませんでしたが、本作での活躍で一気に若手女優の注目株に躍進したのは間違いありません。まだ24歳という若さも大きな魅力ですね」

 そんな奈緒と同様に、その美貌で注目を集めたのは、やんちゃな外見のギャル・妹尾あいりを演じた大友花恋だろう。

「絵に描いたようなギャルを演じる大友が、高校サッカー選手権の応援マネージャーも務めた『Seventeen』専属モデルだということに驚く視聴者は多いはず。大友の名前で画像検索すると、ギャルとは似ても似つかない清楚な女性が映し出されます。女優としては『チア☆ダン』(TBS系)でダンス部員役を務めるなど可愛らしい女子生徒役が多かったのですが、口調も含めて今回のギャル役を演じきったことで、演技の振り幅が大きく広がったのは確実。10月にやっと二十歳を迎えるという若さもあり、今後は様々な役のオファーが舞い込むことになりそうです」

 他の女優陣では中国人留学生のシンイーを演じた金澤美穂は、素朴な表情のなかに秘めた高い演技力で視聴者を魅了。撲殺事件の実行犯でもある看護師役を務めた筧美和子は、男子垂涎のバストだけでなく演技でも視聴者を魅せられることを証明してみせた。ほかにも、生瀬勝久に恋する劇団員役の阿久澤菜々もクセのある美貌で視聴者を惑わせていたものだ。

 このように「あなたの番です」の出演女優はほとんどが本作で評価を大きく上げたのに対し、そこまでの活躍を見せられなかったのが、西野七瀬だったというのである。そのワケをテレビ誌ライターが語る。

「最終回では連続殺人事件の黒幕だったことが明かされ、視聴者からは《サイコすぎる!》といった声もあがっていましたが、一方で演技力に対しては厳しい評価ばかりというのが現実。通常なら視聴者に呆れられてしまうレベルの演技を、その類まれなる美貌でカバーしていたというのが実情でしょう」

 それでも西野に対しては、今後も女優としてのオファーは寄せられるという。

「今回の出演により、アイドルに興味のない一般層にもその名前が届いたのは確実。演技力について課題は残りますが、見る側が慣れていくということもあります。三番手や四番手なら、悪目立ちすることもなさそう。そして美貌については男女を問わず高く評価されているため、ドラマに欠かせない“美女ポジション”として、意外に使い勝手はいいかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 なにはともあれ、注目度を高める女優が複数出演していたという意味では、テレビ業界にとって必見の作品だったようだ。

(白根麻子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング