工藤阿須加、ドラマ「ニッポンノワール」でのファンキーキャラが見もの!

アサジョ / 2019年9月16日 18時15分

写真

 俳優・賀来賢人が主演する10月16日スタートのドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」(日本テレビ系)に、俳優・工藤阿須加が出演することが11日に明らかになり、注目が集まっている。

「このドラマは直近・数カ月の記憶を失った主人公の刑事・遊佐清春(賀来)が森の中で目覚めると、横にはかつての上司・女性刑事(広末涼子)の亡骸が。何もかもがわからないままに、やがて事件は未解決の“十億円強奪事件”の真相へと繋がっていく異色の刑事ドラマ。その中で工藤が演じるのは、個性派の有能刑事が集まる捜査一課の“スーパーファンキーボーイ”名越時生役。“捜査一課デビュー”を果たして以来、陽気で無邪気でぶっ飛びまくるキャラは、今まで爽やかな好青年役が多かった工藤からは、想像もできないキャラ。一体どんな演技を見せてくれるのか、今から楽しみですね」(エンタメ誌ライター)

 確かに工藤といえば、朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)のパーソナリティを始め、朝ドラ「なつぞら」の幼馴染・佐々岡やドラマ「家売るオンナ」(日本テレビ系)シリーズの庭野など爽やかないい人の役柄ばかり。この出演の依頼を聞いた工藤自身も思わず「ぼ、僕ですか?」と聞き返したほど振り切った役どころに、今は「この役にチャレンジする機会を与えてくださったことへの感謝の気持ちとその気持ちに答えるため、より一層頑張りたい」と意気込みを語っている。

「このドラマは、今年1月に放送され大ヒットを記録したドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)のスタッフが再結集して制作。主演の賀来賢人をはじめ、広末以外にも北村一輝、井浦新、夏帆など個性派俳優が出演。去年同じ放送枠のドラマ『今日から俺は!!』に主演した賀来と『3年A組』のスタッフのコラボに早くも注目が集まっています」(前出・エンタメ誌ライター)

 工藤は、来春放送される木村拓哉主演のフジテレビ開局60周年特別企画「教場」にも、重要な役どころで出演。28歳を迎えた今年が、俳優として転機の年になりそうだ。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング