清原果耶が「自転車での下り坂滑走」シーンで朝ドラ女優を公開処刑!?

アサジョ / 2019年10月19日 10時14分

写真

 10月12日にスタートした30分2本立てで構成された新しいドラマ「俺の話は長い」(日本テレビ系)に出演中の清原果耶。主人公の岸辺満(生田斗真)の再婚した姉・秋葉綾子(小池栄子)のひとり娘で、不登校の中学3年生・春海を演じている。ドラマというより舞台をテレビカメラで中継しているかのような臨場感とセリフ量の多さに、初回放送後は「みんなセリフ量がハンパない。記憶力どうなってんの?」「みんなの演技に圧倒される」「こういう家族っているいる」などと高く評価する声と「ニートの満(生田)の屁理屈にイライラする」「30分が長く感じられる」「おもしろくない」「眠くなる」などと批判する声とが拮抗しているようだ。

「そんな中でも清原の演技力を評価する声は多く、清原がドラマ出演すると必ずと言っていいほど聞こえてくる『NHKの朝ドラのヒロインに向いている』の声も、いつも通りあがっています。2本立てドラマの1本目後半部分で、春海が自転車で下り坂をペダルから足を離して降りてくるシーンがあったのですが、実はNHK朝ドラ『スカーレット』でも、10月10日放送の第10話で戸田恵梨香演じる15歳の川原喜美子が、同じように自転車で下り坂を滑走するシーンがあったばかり。そのためネット上では『自転車で下り坂を走る15歳としては清原が戸田に圧勝』『清原が無邪気に自転車で坂を下りるシーンに無理はないけど、戸田が自転車で坂を下るシーンには無理があった』『戸田には悪いけど清原に公開処刑されちゃったね』といった声があがっているようです」(テレビ誌ライター)

 ともに15歳の役を演じている清原と戸田。実年齢17歳の清原と実年齢31歳の戸田を比べること自体が酷かもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング