老眼に若作り…木村拓哉に垣間見える“老い”が切なすぎる!

アサジョ / 2019年10月25日 10時15分

写真

 今や日本のビックスターでもある俳優の木村拓哉が、10月18日に放送された番組「ぴったんこカン・カンスペシャル」(TBS系)に出演。そこで“老い”を口にして驚きの声が上がっている。

「この日は、20日からスタートしたドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)で共演している沢村一樹と鈴木京香と共に出演。番組内で沢村が『(老眼で)女優さんが見えないんですよ!もったいない』と話すと、木村も身を乗り出し『俺も(老眼)来てますね』とコメントしています」(テレビ誌記者)

 さらに、いつから老眼になったのか問われると「医療モノをやってた時から」と回答。木村が医療ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)で主演したのは2017年。「最終回ずっと顕微鏡を覗いているシーンだったんですけど、そのシーンを撮り終わって、朝、新聞読もうかなって思って、パッって広げたら『何だこれ…ハァ?』って。そこで気がついた」と告白。番組を観た視聴者からは「キムタクも老眼になるんだ…」「かつての抱かれたい男も老眼かあ…」など、哀愁漂うコメントが寄せられた。

「キムタクの“老化”は、数年前から巷でも囁かれていました。特に昨年主演したドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)が放送された時はツイッターでも『キムタク、老けたね!』などといった声が上がりました」(エンタメ誌ライター)

 そんな木村は、最近“ファッションセンス”にも辛口のツッコミが入っている。

「現在木村は、動画配信サービス『GYAO!』にて毎週日曜『木村さ~~ん!』を配信しているのですが、9月1日の配信では激安店『ドン・キホーテ』を訪れるシーンが登場しました。そこで木村は金髪に白いTシャツ、黒のパンツにサングラス&ネックレスという若作りのファッションで登場。その服装にネットでは『私服DQNだし、ドンキにいても違和感ないよ?』『40代のヤンキーギャル男おじさん』などといった手厳しい意見が寄せられました」(前出・エンタメ誌ライター)

 木村は現在46歳。来月11月13日の誕生日には47歳になる。老眼はじめ老け込むのも致し方ないが、ファンのためにも“ビッグスター”の威厳を保つためにも、無理な若作りはしないで欲しいものだ。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング