仲野太賀、改名に秘められた「苗字コンプレックス」とは!?

アサジョ / 2019年11月2日 18時14分

写真

 昨年大ヒットしたドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)に出演してブレイクした俳優・仲野太賀が、10月27日放送の番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に賀来賢人、落合モトキと共に出演。太賀は今年の6月に芸名を「太賀」から「仲野太賀」に改名したばかり。番組では、その事が話題に上がった。

「太賀は、名前だけの芸名は、元々所属事務所と父親で俳優の中野英雄が相談して決めたもの。しかし本人としては、『なんで苗字がないんだ?』と恥ずかしく思っていたようです」(テレビ誌記者)

 太賀は、二世俳優だから気がつかれないように考慮したのだろうと言いつつも「なんで苗字ないんだろう。恥ずかしいな、逆に二世俳優っぽいわ~」など苗字がない事への“苗字コンプレックス”があったことを告白。そして「大人になるにつれてこのまま(名前が)二文字でやっていけるのか」と思う中、転機は「今日から俺は!!」で今井役を演じた時に訪れた。

「『今日から俺は!!』で少し名前も知ってもらえて、だったら早いうちに(名前も)変えちゃったほうがいいかなと」と語り、ドラマで知名度が上がった事がきっかけで苗字をつけて“仲野太賀”に改名したようです。ちなみに、当時報じられた『サンスポ』のネット配信の記事によると彼の本名は“中野”。しかし『仲間との出会いが俳優人生の財産』と実感したことから『仲野』の表記を選んでいます」(女性誌記者)

 太賀に“苗字コンプレックス”があったとは。また、3人はネットでの“エゴサーチ”についてもコメント。「(エゴサーチを)俺はしない」と断言する落合に対し太賀は「この間エゴサーチしたら“本当に生理的に無理”って(書かれてた)」と漏らし「でも菅田将暉のことめっちゃ褒めてた」と、同じ人物が俳優の菅田将暉のことは絶賛していたことを悔しそうに話している。これがネットでは意外にも好評。ツイッターでは「エゴサしてるのかわいい!笑」「太賀がエゴサしてると信じて応援ツイしてみた」などのつぶやきが寄せられた。

「太賀は、2020年に公開予定の映画『静かな雨』と『僕の好きな女の子』への出演が決定。今や“二世俳優”の看板などなくても充分俳優としてやっていけるはず。イケメン俳優が乱立している昨今、彼のような愛嬌のある個性派俳優は貴重。これからも活躍が楽しみですね」(前出・女性誌記者)

 改名をきっかけにさらにブレイク。来年はさらなる飛躍の年となるに違いない。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング