“旬の男”菅田将暉、二階堂ふみとの熱愛報道に「もっと上のレベルを狙って」

アサジョ / 2016年3月23日 9時59分

写真

 二階堂ふみとの交際が報じられるも「役者仲間です」と即座に完全否定した菅田将暉。二階堂はここ最近でも星野源や新井浩文、ロックバンド「OKAMOTO’S」のオカモトレイジらとの交際が報じられており、恋多き女として知られている。

 菅田が熱愛を否定すると、ネット上では「二階堂は嫌いだが菅田は本当にいい役者」「肉食・二階堂に有望な役者が食われてなくてよかった」「もう少し上のレベルの女性を狙ってほしい」といったコメントであふれ、ファンも安堵した様子だ。

 菅田といえば、映画・ドラマでの活躍はもちろん、auの人気CM「三太郎」シリーズで演じる鬼ちゃん役が大好評など、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。古着を上手に着こなす独特のファッションセンス、生意気そうに見えて意外に謙虚でウソが下手だったりと、女性がほっとけないタイプ。仕事に関してもかなりストイックな一面を持っているという。

「実際に会うとツンとしていて、性格が悪いなどと揶揄するコメントも見受けられますが、役者とは本来そんなもの。好感度で勝負する芸人ではありませんし、へんにチャラチャラしていないだけいいと思います。たとえば、先月発表されたエランドール賞の新人賞を獲得した菅田は、スピーチで去年は寝る間も惜しんでマネージャーと二人三脚で歩んできたことを語っていました。また、同賞の受賞を目標に掲げていたことも説明しており、みごとに有言実行した形になります。ドラマ『民王』(テレビ朝日系)で菅田とW主演を演じた先輩の遠藤憲一ですらも、尊敬する俳優に菅田の名前をあげるほどです。実力はもちろん、現場でのプロ根性がスゴいようですね」(芸能誌ライター)

 auのCMでさえ、あの数十秒の出番で「出演メンバーの中で圧倒的に芝居が上手なのがわかる」と称賛されている菅田。熱愛報道での人気急落危機を回避できて、本人もひとまずホッとしていることだろう。

(田村元希)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング