賀来賢人主演ドラマ「ニッポンノワール」が伸び悩んでいる本当の理由

アサジョ / 2019年12月2日 18時14分

写真

 賀来賢人、林遣都、山崎賢人、永山絢斗、Sexy Zone中島健人の5人は現在「5人のケント」と呼ばれ、その活躍に注目が集まっている。特に賀来は2016年8月に榮倉奈々と結婚。2017年6月には第1子が誕生。その当時は事務所の先輩だった小出恵介が未成年女性との飲酒・不適切行為で無期限活動停止となったことで代役を受けまくり、そのおかげで演技力の高さが多くの人々に認知されることに。2018年10月期放送のドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)では主役の金髪パーマの三橋貴志をコミカルに好演して大ブレイク。放送中の「ニッポンノワール」(日本テレビ系)では主役の遊佐清春刑事をシリアスに演じ、この2年間で大飛躍を遂げたと言っていいだろう。

「しかし『ニッポンノワール』の視聴率が低空飛行していることから、コミカルで吹っ切れた演技の賀来を見慣れていた視聴者が、シリアスな演技の賀来についてこられないのではないかと指摘する声もあるのだとか。12月1日に放送された第8話は7.1%と前週から1.1ポイントアップさせましたが、今年1月期に放送され、大きな話題となったドラマ『3年A組』(日本テレビ系)のネタを引っ張りすぎていることや、日曜の夜ののんびりした時間に、集中して視聴しなければ内容が理解できないほど情報量を詰め込んだ内容であることは問題視されず、賀来の技量を問うような論調になっているというのは疑問です」(テレビ誌ライター)

 日本テレビが制作する“日曜ドラマ枠”は「ニッポンノワール」が最後の作品となり、来年1月からは系列局の読売テレビが制作に。有終の美を飾れることを祈りたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング