阿部寛「まだ結婚できない男」最終回を前に高まる“早坂先生”待望論!

アサジョ / 2019年12月9日 10時15分

写真

 13年振りに続編が作られた阿部寛主演のドラマ「まだ結婚できない男」(フジテレビ系)。

 12月3日に放送された第9話では、前シリーズで阿部演じる桑野信介との結婚が噂されていた早坂夏美(夏川結衣)の名前を桑野が口にする場面が登場。大きな話題を呼んでいる。

「腕のいい建築家ながら、プライドが高く、おまけに偏屈な皮肉屋の桑野(阿部)は、“結婚にはメリットがない”と言って令和を迎え、53歳になった今も独身。偏屈さにさらに磨きがかかった桑野の運命の歯車が弁護士のまどか(吉田羊)、隣人の早紀(深川麻衣)、カフェ店長の有希江(稲森いずみ)たちとの出会いをきっかけに動き始めるという物語です」(テレビ誌ライター)

 第9話では、そんな桑野が急性胃腸炎で倒れ、義理の弟の中川(尾美としのり)が院長を務める中川総合病院に運び込まれるその最中、桑野(阿部)が「あの女医にだけは言うなよ」と中川に口止めしているシーンが登場。それを観た視聴者からは「早坂先生出てくると思ったじゃんか」「早坂先生に出て欲しかったわ。ちらっとでも」といった声や「最終回にご出演されないかな」「割り込んでくる展開まだ?」と登場を心待ちにするコメントもネット上では躍っている。

「夏川演じる早坂先生は、前シリーズで中川総合病院に勤務する優秀な独身の内科医。桑野との丁々発止のやり取りに人気が集まっていました。最終話で桑野から告白されるものの、13年の間に破局。とある富豪と結婚していたようですが、まだ中川総合病院に勤務していることが明らかになり、前シリーズのファンは大興奮のようです」(女性誌記者)

 2006年に放送された前シリーズは、全話平均視聴率16.9%を記録する大ヒット。脚本家の尾崎将也を始め前作のスタッフ・キャストが再集結したにも関わらず、なかなか視聴率が二桁に届かないのは、夏川演じる早坂先生がいないことが原因ではないかという声も聞かれる。

「13年後の桑野を演じる阿部の役作りも好評。前回人気だった夏川との“お好み焼きデート”をオマージュした有希江(稲森)との“もんじゃ焼きデート”が第9話に登場するなど、見所もたっぷり。次回のシリーズを実現させるためにも早坂先生を登場させ、視聴率アップにつなげたいところですね」(前出・テレビ誌ライター)

 3日に配信された「週刊女性PRIME」によると、次回放送の最終話は「“そうきたか”という展開になります」と番組プロデューサーの米田孝氏もコメント。サプライズはあるのか!?

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング