なぜ?「世界ジュニア優勝」本田真凜はオスカーに所属していた!

アサジョ / 2016年4月3日 9時59分

写真

 先の「世界ジュニア2016」で優勝し、一躍注目の的となった本田真凜。子役としても活躍する本田望結の姉としても有名だが、本田真凜も実は大手モデル事務所オスカーの子ども部に所属している。

「一般的に、フィギュアスケート選手でもトップ選手はマネジメント事務所と契約することはありますが、モデル事務所や芸能事務所という例はあまりありません。取材やCM関係のマネジメントを担当してもらうためでしょう。妹の望結がテアトルアカデミーからオスカーに移籍する時に“将来的に大人の女優を目指す”ためにと言われていましたが、オスカーが文化部を擁し一部スポーツ選手のマネジメントなども手がけていることを考えると、真凜選手のことも視野に入れて移籍したのかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

 では、浅田真央選手や高橋大輔元選手などの大人気スケーターはどこの事務所なのか。

「浅田選手は、テニスの錦織圭選手なども契約している国際的なIMGに所属。フィギュアスケートでは宮原知子選手も契約しています。高橋大輔元選手は荒川静香も契約するUSMジャパンにマネジメント業務を依頼しています」(週刊誌記者)

 日本のフィギュアスケート界はスターの宝庫。今後も若いうちからマネジメント契約する選手が増えてくるのかもしれない。

(芝公子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング