山本美月「ランチ合コン探偵」、視聴率イマイチも業界に残した“爪痕”

アサジョ / 2020年3月17日 10時15分

写真

 ランチタイムを謎解きの舞台とした山本美月の主演ドラマ「ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~」(日本テレビ系)が3月12日に最終回を迎え、ネットでは「終わっちゃうの寂しい」「早速ランチ合コン探偵ロスです」など、ドラマ終了を惜しむ声が上がっている。

 このドラマの見どころは、なんと言っても山本が扮する様々なコスチューム。最終回では、中学時代を回想するシーンで“セーラー服姿”が披露された。

「最終回で主人公・ゆいか(山本)は、失われた過去を知るため財閥の創業者・一条永太郎の元を訪ねました。この際の回想シーンに、ゆいかが三つ編みおさげにメガネをかけた姿で登場。視聴者からはツイッターに『ゆいかちゃんのセーラー服姿めっちゃ似合っててかわいいです!』などの声援が飛びました」(エンタメ誌ライター)

 ドラマで披露される山本の“コスプレ”は斯界のマニアに大評判。例えば2月13日放送の第6話では、学ランを着た男子学生のコスで登場。役作りのためにバッサリ切ったショートヘアを、ワックスで固めた姿はまさにイケメン学生。ネットでは「山本美月の学ラン姿がそこらの男よりもイケメンだ」と大きな反響を呼んだ。

 他にも幼児番組の歌のお姉さん風コスプレだったり、3月5日にアップした自身のインスタでは、ドラマのオフショットとして婦人警官のコスチュームを公開している。

「山本はアニメ好きとしても有名で、過去には『魔女の宅急便』『魔法の天使クリーミィーマミ』『少女革命ウテナ』『銀河鉄道999』のメーテルなどのコスプレ画像を続々とSNSに投稿しています。その意味でも今回のドラマ『ランチ合コン探偵』は山本にとってハマリ役だったのです」(前出・エンタメ誌ライター)

 残念ながら、世間的にはさして評判にならずに終わってしまったが、“コスプレ女優”として爪痕を残したことは間違いない。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング