「未成年飲酒」Snow Man岩本照の活動自粛の裏に滝沢副社長の“苦悩”

アサジョ / 2020年3月31日 10時15分

写真

 ジャニーズの人気アイドルグループ「Snow Man」のリーダー岩本照が、渋谷のホテルで未成年女性と飲酒していたことが3月27日発売の「FRIDAY」に報じられ、衝撃が走っている。

「コトが起きたのは2017年11月。『FRIDAY』は、ベットやソファが置かれた狭い室内で車座になって集まり、大声ではしゃぎながら酒を一気飲みする男女の映像を入手。参加していた当時未成年の女性から証言もとっています」(女性誌記者)

 岩本がリーダーを務める「Snow Man」は、今年1月22日に「SixTONES」と同日デビューし、合作デビューCDは150万枚を超す大ヒットを記録。昨年11月に開設したファンクラブの会員数は24万人に達する勢いだ。今回の報道にはファンからも「ひいくん、嘘でしょ?ちゃんと否定してよ」「お願いだけん嘘って言って欲しい」「ひーくん、コメント出してくれるといいな。これからどうなるのかが心配…」といった悲鳴にも似た声が続出。しかし、本人が事務所の聞き取りに対し、未成年者がいたことは知らなかったものの、酒席に参加していたことを認めたため、一定期間の活動自粛処分となった。

 ただこのグループは、昨年ジャニーズの副社長に就任した滝沢秀明氏の秘蔵っ子であることから、その対応が注視されていたという。

「同日デビューした『SixTONES』はジャニーさん一押し。一方、これまでタッキーの舞台を支えてきた『Snow Man』は、タッキーがジャニーさんを説得してデビューさせた、まさに子飼いの秘蔵っ子。副社長に就任以来、ジャニーズJr.の不祥事に対しては厳しい処分を下していたタッキーですから、今回はどんな判断をするのかに注目が集まっていたのです」(夕刊紙デスク)

 昨年9月「HiHi Jets」の橋本涼と作間龍斗の二人が女性と一緒に寝ている写真が漏洩した際は、年内活動を自粛。女優・神田沙也加と熱愛関係が発覚した「MADE」のメンバー・秋山大河は事務所を退所。あまり知られていないが、飲酒・喫煙写真が漏洩した「7MEN侍」の五十嵐玲央も退所と、断固たる処置をとってきた滝沢副社長。しかし今回に関しては、そうもいかない大人の事情があったという。

「嵐が今年いっぱいで活動休止。中居正広が独立し、TOKIOの長瀬智也も退所の噂が出でいる今、King&Princeに続く若手アイドルを育てることがジャニーズの急務。もし、岩本問題の処置を間違えば、今後のデビューを控えているJr.のファンが離れて行く可能性も考えられます」(前出・夕刊紙デスク)

 岩本照のトラブルはどんな影響をもたらすのか。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング