「極端な潔癖症」黒沢かずこの感染で芸能界はコロナの猛威に震撼!

アサジョ / 2020年4月7日 18時14分

写真

 新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たお笑いトリオ・森三中の黒沢かずこが、極端な潔癖性だったとして話題を集めている。

 所属する吉本興業は4月4日、黒沢が先月21日に発熱し、3日にPCR検査を受けて新型コロナウイルスへの感染が発覚したと発表。味覚や臭覚の異変に気付き、26日以降の仕事は全てキャンセルする用心を見せた黒沢だったが、とりわけプライベートでは潔癖性な一面があったことでも知られており、改めて新型コロナウイルスの脅威を痛感することとなった。

「一部メディアも黒沢が“綺麗好きで有名だった”と報じており、彼女の衛生意識の高さについて伝えています。過去にはテレビ番組で自宅に衣服が散乱し、床一面に服が落ちていることから『転んでも痛くないんです』などと語るようにルーズな部分もあったようですが、親交の深いオアシズの大久保佳代子によると、黒沢は電車や新幹線に乗る際、必ず45リットルサイズのゴミ袋にリュックサックや荷物を入れて持ち歩いているとのこと。また、歯の色素が沈着してしまうことを嫌がり、出先でお茶を飲む時は必ず“マイストロー”でしか飲まなかったそうです」(芸能記者)

 一般的な感覚からは半ば異様にも思えてしまう黒沢の潔癖性だが、ひとまず今は安静し、また元気な姿でメディアの前に戻ってきてもらいたいところである。

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング