南原清隆に何が!?「ヒルナンデス」で唐突すぎる“下品発言”

アサジョ / 2020年7月16日 10時15分

写真

 お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの南原清隆が7月9日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)に出演し、主婦層をドン引きさせる発言を繰り出した。

 同局の「秘密のケンミンSHOW極」とのコラボ第3弾として放送されたこの日、番組では静岡県民が愛するご当地グルメとして自然薯とろろ汁を紹介。また、地元の人だけが知っている、このとろろ汁の旨さを倍増させる為の「仕上げの味付けに使う食材は何か」とのクイズが出演者に向けて出題された。

 他の回答者が海苔やお茶、味噌汁といった食材を挙げる中、MCの南原はまさかの「母乳」と回答。スタジオに微妙なリアクションが漂うも、南原は意に介さず「王道。小さい頃食べた」と続け、半ばドヤ顔で“母乳”と書かれたフリップを見せつけている。

「急になにかのスイッチが入ったのか、普段はお昼の情報番組の“顔”として、どちらかといえば上品な笑いをポリシーとする南原なだけに、衝撃も大きかったですね。ヒルナンデスといえば、番組の企画や趣向もほぼ全て主婦層をターゲットに構成されているだけに、今回の南原の謎のボケには疑問が続出。女性の視聴者からは『ドン引きしました。面白くないし、気持ち悪い』『さすがにないわ』『とろろの味付けに母乳ってダメ過ぎでしょ』などと批判的な声が出ています。ネットの一部では『南原が初めて炎上したのが“母乳”って超面白い』『これぞ南原クオリティ』などと好意的な反応もありますが、たとえ男性から面白がられたとしても『ヒルナンデス』のメインターゲットである主婦層を敵に回しかねない発言だったかもしれません」(テレビ誌ライター)

 相方の内村光良と同様、あまり下ネタで笑いを取りに行くことの少ない南原。2011年より同番組を任され、炎上には無縁の安定感抜群なMCから飛び出した、あまりにも唐突な母乳発言。多くの視聴者の度肝を抜く効果はてきめんだったが、今後はボケるにしても別の意味で“王道”な回答に尽力していただきたいところである。

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング