おぎやはぎが欅坂46「新グループ名」を勝手に予想、自我自賛の最有力候補は?

アサジョ / 2020年7月17日 18時14分

写真

 アイドルグループの欅坂46が、7月16日に無観客生配信ライブを行い、5年間の歴史に幕を下ろして、改名し再出発することを発表した。この報道を受けて、7月16日の深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で、おぎやはぎが欅坂46の新しいグループ名を予想する場面があった。

 欅坂46は今年1月にグループの顔であり、センターの平手友梨奈が脱退し、今後のグループの行く末が注目されていた。16日に開催された配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU !」で、キャプテンの菅井友香が「たくさんの楽しい思い出があった一方で、正直悔しい思いもたくさんしてきました。なかなかこの2年は特に、出口の見えないトンネルをさまよっていたような状態だったと思います」「私たち欅坂46は、この5年間の歴史に幕を閉じます。そして欅坂46とは前向きなお別れをします」などと語り、10月に予定している欅坂としてのラストライブにて、活動に区切りをつけ、新しいグループ名で生まれ変わることを発表していた。

 この報道を受け、ゴシップ好きのお笑いコンビおぎやはぎが、当日生放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で、さっそく欅坂46の報道を「ビッグニュース」だと取り上げ、見解を述べた。

 矢作兼は「改名するって、だいたいうまくいってないときだけど、うまくいってないの?」と切り出し、小木博明は、平手友梨奈以外、1人もメンバーの名前を知らないとコメント。さらに小木は「けやき坂はいい坂だよ、あそこを嫌いって人はいない。乃木坂もいい坂」と六本木にあるけやき坂について言及。トークは、欅坂46が改名して“何坂”になるかの予想合戦へと発展し、矢作は「芋洗坂は、(芸人の)芋洗坂係長がいる」「権之助坂は(事務所は近くにある)ホリプロのイメージだな」とコメント。リスナーからメールで、平手友梨奈の卒業ソングのタイトルが「角を曲がる」ということから、けやき坂を曲がるとさくら坂があるので、新グループ名は桜坂46だとファンの間で予想されていると伝えられると、小木は「桜坂」は福山雅治がすでに曲名で使っているからダメだと一刀両断した。

 さらに、小木は“坂”ではなく、“岩”はどうかと提案。天狗岩、烏帽子岩などの名前をあげ、大谷石や御影石など“石”もいいと持論を展開。矢作は“通り”はどうかと言うと、小木も「いいね」と同意し「ファイヤー通り」「キラー通り」などの名前をあげ、結果「骨董通り46」がいいと決着。矢作は「坂道は登ることもあれば下ることもあるじゃない。だからもう、長くロングランをやっていくために、道、ストリートシリーズにするべき」とそれっぽい理屈まで述べた。

「おぎやはぎは、かつて『メガネひいき』で欅坂46の長濱ねるが卒業したことを取り上げ、アイドルは多忙で燃え尽きるのが早くなってきている、などと言及していました。今回も欅坂46の改名について一言言いたかったようで、おぎやはぎらしく、好き勝手に新グループ名を予想しました。SNSでは『おぎやはぎが欅坂改名を笑いに昇華してて、少し救われた』『おぎやはぎがどこよりも先に欅坂に触れてて笑った』などの反響が寄せられました」(エンタメ誌ライター)

 注目があつまる、欅坂46の新グループ名。果たしておぎやはぎの予想は的中するか…?

(金宮炭子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング