木村拓哉「BG」、シリーズ化を後押しする“秘密兵器キャスト”とは?

アサジョ / 2020年7月30日 18時15分

写真

 木村拓哉主演のドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の第6話が7月23日に放送され、平均世帯視聴率16.3%を記録。7月30日に放送される最終回を前に、さらなる視聴率アップが期待されている。

 あらゆる危機からクライアントを護る民間ボディガードの生き様を描くこのドラマ。2018年1月期に放送された前シリーズでは、全話平均視聴率15.2%。今シリーズも初回17.0%と好スタートを切り、その後も14.0%台を維持。最終回で前回の最終回視聴率17.3%を上回れば、前シリーズを超えることに。これは、さらなる長編化が描ける数字と言えるだろう。

 今作でも、シリーズ化に向けて様々な伏線が張られている。

「木村演じる島崎章は私設のボディガード『島崎警備』を設立。そこで前シリーズから共演する高梨(斎藤工)とバディを結成。水谷豊主演の『相棒』(テレビ朝日系)同様、シリーズものには欠かせない、バディを誕生させています。さらに、ジャニーズ事務所の後輩にあたる関西ジャニーズJr.・なにわ男子の道枝駿佑も出演。道枝演じる中島小次郎は、『島崎警備』に毎度、元気よく出前を届け、ホームページの制作も買って出るカフェのアルバイト店員。クランクアップ時には18歳の誕生日を迎え『BG』チームの用意したイタリア製のバッグを木村から直々にプレゼントされ、感激していました」(女性誌記者)

 道枝は14歳の時、沢尻エリカ主演のドラマ「母になる」(日本テレビ系)で、3歳の時に誘拐されて見知らぬ女性に育てられ、沢尻演じる親元に戻るという難しい役に挑戦。2018年には月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系)で、関ジャニ∞の横山裕と共演。2つの顔を持つサイコパスな高校生役を好演している。2019年には、古田新太主演のドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)にもレギュラー出演するなどジャニーズ事務所の若手演技派俳優として頭角を現している。

「長くシリーズものを続けるためにはバディもさることながら、スポンサー対策の意味でも10~20代の若いファンの支持が必要。そのためにも、今後道枝を第3シリーズ、第4シリーズと起用して育てて行きたいところです」(制作会社関係者)

 次期シリーズを期待させる最終回を見せてほしいところだ。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング