パワハラ炎上の安藤優子、“憧れの番組”への移籍も雲散霧消か

アサジョ / 2020年8月27日 10時15分

写真

 安藤優子キャスターのパワハラ炎上が止まらないようだ。

 8月19日放送の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)にて、炎天下で屋外レポートする女性ディレクターが熱中症らしき症状を見せるも、MCの安藤が笑いながら中継を続けさせようとした行為に批判が続出しているもの。

「すでに『グッディ!』は9月いっぱいでの番組終了が決定しているが、今回の件はあまりに後味が悪い。安藤にとっては今後の仕事への影響も少なくなさそうです」(業界関係者)

 その安藤、「グッディ!」が終了したら別の番組に移籍するとの話もあったという。

「夕方の報道番組『Live News it!』(同)に、現在MCを務めるカトパンこと加藤綾子を押しのけて移籍するとの案もあったようですが、その話は早々になくなった模様です。その一方で安藤自身は『報道ステーション』(テレビ朝日系)に出たがっていたとの噂も。今でこそフジテレビ色の強い彼女ですが、報道に関わるようになったきっかけは学生時代のアルバイトで外国人客と英語で会話している姿を見たテレビ朝日のプロデューサーにスカウトされたから。85~87年には『ニュースステーション』のレポーターを務めていましたし、本人にとってテレビ朝日は古巣という感覚でしょう。今のところ『報ステ』移籍の話は聞こえてきませんが、今回の炎上により可能性はゼロに近いと思います」(前出・業界関係者)

 果たして10月以降、安藤をテレビで見ることはあるのだろうか。

(浦山信一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング