医療系AIベンチャー企業のNAM 12月24日、ICO(仮想通貨技術による資金調達)実施 国内外から100億円の資金調達を目指す

@Press / 2017年11月28日 14時0分

人工知能(AI)による医療系製品開発の株式会社NAM(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中野 哲平)は、2017年12月24日から2018年1月31日までの39日間、ICO(イニシャル・コイン・オファリング=仮想通貨技術を使った資金調達)を実施、国内外から100億円の資金調達を目指します。調達した資金はAIを活用した問診ボット、機械学習を利用した疾患予測システムなど医療業界向けAIサービスの研究開発費用などに充当します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/144100/LL_img_144100_1.jpg
NAMプロジェクト

■2017年、日本国内のICOで2社が100億円超
国内フィンテック市場は2021年度808億円に達するとの予測
矢野経済研究所の2017年2月の発表によると国内フィンテック(金融とITを融合したサービス)市場規模は2018年度に319億円、2021年度には808億円に達すると予測しています。ビットコインに代表される仮想通貨は世界規模で急速に拡大、米国モーニングスター社は2017年10月に全世界の仮想通貨時価総額が1,430億ドル(約16兆円)を超えたと発表しました。国内では同年4月に改正資金決済法(通称「仮想通貨法」)が施行され、同9月には金融庁が仮想通貨取引所11社の登録を発表しました。11月には国内ベンチャー企業2社がICOで100億円を超える資金を調達するなど活況を呈しつつあります。


■AIとブロックチェーンを組み合わせた医療システム構築のためICOを実施
NAMは2017年12月24日に「NAMコイン」と称する「トークン」を「1,200億NAM」発行、「600億NAM」の販売をNAMのWebサイト上( http://namcoin.net/ )で開始します。「トークン」とはデジタル権利証であり、主要仮想通貨などと交換できます。同年12月24日から翌年1月31日までの39日間ICOを実施、NAMコイン購入者に仮想通貨「イーサリアム」をNAMのウォレット(仮想通貨を保管する電子財布)に送金してもらうことで資金を調達します。NAMコインはNAMが開発した製品の購入やサービスの利用にも使用できます。
調達した資金は、以下四つの医療業界向けAIサービスの研究開発費用などに充当します。

<NAMが提供する医療業界向けAIサービス>
(1)ドクターQ
サービス内容:人工知能(AI)を利用した問診ボット(2018年1月開始)
(2)NAMインスペクション
サービス内容:機械学習を利用した疾患予測モデル(2018年3月開始)
(3)NAMヘルス
サービス内容:人工知能(AI)が推薦する健康食品(2018年5月開始)
(4)NAMカルテ
サービス内容:深層学習とブロックチェーンを使った次世代カルテシステム(2019年1月開始予定)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング