Colt、JPIXがColt東京塩浜データセンター内でインターネットエクスチェンジサービスを提供開始したことを発表

@Press / 2017年12月6日 14時45分

Coltテクノロジーサービス株式会社(以下、「Colt」)は、日本におけるリーディングインターネットエクスチェンジ(IX)事業者である日本インターネットエクスチェンジ株式会社(以下、「JPIX」)がColtのキャリアニュートラルな東京塩浜データセンターにおいてIXサービスの提供を開始したことを発表します。アジアにおいて確かな成長を続けている両社は、拡大する広帯域かつ低遅延の需要に対応するために、接続能力を拡張しています。

JPIXは、Colt東京塩浜データセンターにおける展開によって、ますます増大するコンテンツ事業者からの需要へ対応する為に不可欠な、複数の通信事業者との高品質な相互接続への要求に応えることができます。また、Coltのバイリンガルのスタッフによって、海外とのやりとりを迅速かつ効率的に行うことができます。

さらに、東京の中心にあるデータセンターであるため、動画配信など広帯域トラフィックに対して、最高レベルの速度と品質を可能とする接続性を提供します。これは特にインターネットサービス事業者(ISP)、コンテンツ配信事業者(CDN)、コミュニケーションサービス事業者(CSP)など、JPIXのお客様にとって非常に重要なポイントです。

JPIXは日本で最初の商業用インターネットサービスエクスチェンジ(IX)事業者として1997年7月に設立され、現時点で、アジアパシフィック地域において170社以上の顧客に700Gbps(ピーク時)のトラフィックを提供しています。IXとして中立的な立場から接続環境を提供し、日本のインターネットの中核を担っています。

JPIX の代表取締役である山添亮介は、次のように述べています。「今後の成長によるビジネス拡大を見据えた時、Coltという選択は自然なものでした。Coltは急成長しているデータセンター事業者のひとつであり、多数の通信事業者とグローバルなサービスを提供している確かな実績があります。これは我々の成長戦略に不可欠な要素です。Coltは、業界をリードするその信頼性、スピード、そしてグローバルな接続性によって、われわれの顧客およびそのエンドユーザーに対して、最高の接続環境を提供してくれることでしょう」

Coltデータセンターサービスのポートフォリオディレクターであるマシュー・キャントウェル (Matthew Cantwell)は次のように述べています。「我々はアジアパシフィックに対して大きな投資をしてきています。日本だけでも、ここ数年において5つの新しいデータセンターを展開しています。JPIXは日本のインターネットのまさにバックボーンです。このパートナーシップは、最高レベルのスピードと接続性を担保し、コストをおさえつつ信頼性を高めることができる “マルチキャリア” 環境を提供するという、我々のコミットメントを証明するものなのです」



日本インターネットエクスチェンジ株式会社(JPIX)について
JPIX は大手ISP事業者、CATV事業者、さらにCSP事業者を含む約170社以上の国内最大顧客数を持つIXプロバイダーで、首都圏に5サイト、名古屋に1サイト、大阪に3サイト及びJPIX沖縄に拠点を持ち、トラヒック交換において日本の重要な交換ポイントとなっています。

なお、JPIXは、本年7月10日に創立20周年を迎えました。JPIXは今後も日本のインターネットバックボーンを下支えしてまいります。

JPIXのPRお問い合わせ先:
JPIX 営業部
E-MAIL: sales@jpix.ad.jp


Coltデータセンターサービスについて
Coltデータセンターサービスは、キャリアニュートラルなデータセンター通信事業者です。Coltは世界有数の大企業のお客様より信頼を得ており、比類なきサービスとセキュリティを提供しています。Coltの優位性はUptime Instituteのマネージメント及び運用アワードにおいて最高スコアを獲得したことでも立証されています。
Coltデータセンタサービスは、大規模なデータセンターの計画、建築及び運営、そしてデータセンターコロケーションサービスを20年以上に渡り提供してきました。最もミッションクリティカルなグローバルの各業界の1,000社を超えるお客様からセキュリティレベルの高さに信頼を頂き、ヨーロッパ及びアジアにある29のキャリアニュートラルなデータセンターをご利用頂いています。
http://www.coltdatacentres.net/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング