消費者庁注意喚起の「水素水」、摂取方法が問題だった!正しい知識を持つ人は約3割止まり シロノクリニック、活性酸素除去に有効な“高濃度水素点滴”開始

@Press / 2018年2月6日 11時0分

開院23年目を迎えた、主にアンチエイジング美容皮膚科事業を展開する医療法人社団シーズ・メディカルグループ シロノクリニック(理事長:城野 親徳、所在地:東京都渋谷区)は、一時期話題ともなった「水素水」について、本来「水素」には活性酸素を除去する効能があるにも関わらず、効果がないとマイナスイメージを持たれた「水素」の新事実を調べるとともに、老化現象やあらゆる病気の原因として関与していると言われている「活性酸素」について、美容クリニックの知見を基に、活性酸素除去に有効な “高濃度水素点滴”を2017年12月より始動したことをご報告いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/148034/LL_img_148034_1.jpg
トップ画像

■活性酸素に関する調査
○調査テーマ:水素及び活性酸素について
○調査対象 :首都圏在住の30代~60代の女性100名

2017年12月、首都圏在住の女性100名に水素及び活性酸素についてアンケート調査を行ったところ、「水素」が身体に良いと言われていることを知っている女性こそ半数を超えたものの、活性酸素の除去に有効であること、高い抗酸化作用があることを知っている女性は約3割となり「水素」に対する知識の低さが伺えました。
また、体内で「活性酸素」が増えすぎることは病気や老化にとって良くないと認識している女性は約70%と過半数を超え認識が高かったものの、「活性酸素」が呼吸をするだけで発生していることを知っていた女性は半数を下回りました。このアンケートを通し、「水素」や「活性酸素」に対する関心と知識の低い現状が顕著に現れました。

Q1. 水素や水素水について、下記のことを知っていますか?
https://www.atpress.ne.jp/releases/148034/img_148034_2.png

Q2. 活性酸素について、下記のことを知っていますか?
https://www.atpress.ne.jp/releases/148034/img_148034_3.png


■2017年3月 消費者庁が注意喚起した「水素水」の真相
消費者庁は、2017年3月3日、水素が入っているとする「水素水」や「水素サプリ」を販売する企業に対し、合理的な裏付けがないままに宣伝し、商品から水素自体が検出されないなどで、再発防止策を求める措置命令を出すとともに、消費者に注意を呼びかけました。それまで話題となっていた水素水だけに「効果がない」「ただの水」と言った大きなマイナスイメージを持たれるようになってしまいました。しかし水素については、その働き・人体に与える有効性などこれまでにも多くの論文で発表されている事実があり、日本でも2007年、国際的な学術誌である「Nature Madicine」に掲載された論文(※)で「水素は活性酸素を還元し、無害にする」効果などが発表されています。
水素の特性上、水素水を飲用するだけで水素を十分に体内へ取り込むことは困難で、その摂取の方法が重要です。
※出典:2007年5月8日「Nature Medicine」日本医科大学大学院医学研究所 太田成男教授

@Press

トピックスRSS

ランキング