PALTEK、コーデンシと販売協力体制を構築し、IoT市場などに向けてサーモパイルセンサ、照度センサモジュールを提供開始

@Press / 2018年2月9日 15時0分

株式会社PALTEK(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:矢吹 尚秀、証券コード:7587、以下 PALTEK)は、光センサのマーケットリーダーであるコーデンシ株式会社(本社:京都府宇治市、代表取締役会長 兼 社長:中嶋 郭和、以下 コーデンシ)と販売協力体制を構築し、コーデンシ製のサーモパイル(※1)センサモジュールおよび照度センサモジュールの販売を開始します。
お客様はこれらのセンサモジュールを活用することで、センサからのアナログ出力を容易にシステムに組み込むことができ、製品の市場投入を短期化することが可能になります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/149260/LL_img_149260_1.jpg
サーモパイルセンサモジュール

温度センサや照度センサを機器に組み込む際には、センサからのアナログ出力に対する温度補正や照度補正の複雑なキャリブレーション(※2)作業および温度値[℃]・照度値[Lx]の算出作業が必要となります。これにはセンサ特性およびアナログ技術に関する知見が必要であるため、センサを組み込んだ機器を容易に開発する障壁となっていました。

今回PALTEKが取り扱いを開始するコーデンシ製のサーモパイルセンサモジュールや照度センサモジュールを活用することにより、アナログデータがデジタル出力されることで無線モジュールと組み合わせが容易になることから、IoT関連製品などの開発スピードを向上することができるため、短期間での市場投入が可能となります。また、モジュールに組み込まれたマイコンのファームウェア・プログラム(※3)を変更することで、利用目的に最適なセンシングデータを使用できます。

照度センサモジュール
https://www.atpress.ne.jp/releases/149260/img_149260_2.jpg

コーデンシは光を中心とした技術で機械に視覚や触覚を持たせる光センサを軸に光半導体を開発・製造しています。赤外線リモコン、プリンタ用光学式エンコーダ、フォトインタラプタなど、世界トップレベルのシェアを誇る製品が多数あり、顧客のニーズに柔軟に対応できる体制を構築しています。

PALTEKは日本のエレクトロニクスメーカーに対して、FPGAやASSP、アナログ、メモリなどの半導体や受託設計サービスを提供し、エレクトロニクスメーカーの製品開発をサポートしてまいりました。PALTEKは今後成長の見込まれるセンサ市場へのソリューションを強化しており、このたびのコーデンシ製センサモジュールの取り扱いはその一環です。さまざまな機器にセンサが搭載されていく中、センサモジュールの提供はより幅広いお客様の製品開発に貢献できるものと考えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング