至上のもたれ心地と寝心地を実現 “お誂え”をコンセプトとしたオーダーメイド型ベッド『Bespoke 01』を新宿OZONEにて展示・発売!

@Press / 2018年3月19日 15時0分

株式会社リュクス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:平野正子)は、自然素材で国産のオーダーメイド型新ベッド「Bespoke 01(ビスポーク・ゼロワン)」のデザインを先ごろ完成し、発表しました。本商品は、新宿OZONEで展示・販売しており、ご来場者に体験していただけます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/152163/LL_img_152163_1.jpg
お誂えベッド「Bespoke 01」。張地やサイズは自由にカスタマイズできます。

このベッドは、ホワイトダック羽毛を100%使用したソファ以上のもたれ心地を誇るベッドヘッドと、高級天然毛を贅沢に使用した匠のマットレス「ラークオール(R)」*を使用しています。スプリングを超えた優れた機能性により、健康で快適な眠りを提供するだけでなく、読む、見る、食べる、という現代的なベッドライフを実現します。

ベッドを最高のくつろぎの場所と時間に変える、というコンセプトをもとに制作した「Bespoke 01」。
英語の「Bespoke」は、「お誂(あつら)え」。心を込めて丁寧に作った、世界にたった一つの商品を意味しています。


「ベッドは単に眠る場所という概念から、本を読んだり、映画を見たり、時には食事も楽しむような個人の場所として、大きく変化をしています。今回、快適な眠りを可能にするためはもちろん、くつろぎスペースの主役としてベッドにソファの役割も取り込み、フレームやヘッドボードなどの構造にこだわりました。また、寝室というスペースにおけるインテリアとしても、使う人の好みに多彩にこたえられるように、張地や大きさを自由に選択できるという点を、私自身が提案する側としてもこだわり、デザインをしました。一度横たわったら離れられなくなるONLY ONEのお誂えベッドです。」
と、デザイナーの平野正子は述べています。


近年、ベッドの役割は多様化し、ベッドライフはますます重要になってきています。スマイラボが行った調査によると、「家の中でくつろげる場所がありますか?」という質問で「ある」と回答した92.6%の人のうち、くつろげる場所としてもっとも多い回答「リビングのソファの上」(53.1%)に続いて、「寝室のベッドの上」は42.3%と、二番目に家の中で最もくつろげる場所として選ばれています。ベッドは今や寝るだけの場所ではなく、「くつろぎ」の場所と時間を実現するツールになったと言えるでしょう。Bespoke 01は現代のこの新しい役割にお応えできる、これまでにない上質ベッドです。
https://www.atpress.ne.jp/releases/152163/img_152163_3.png
▽スマイラボ調査結果
http://www.sumai-lab.net/2015/06/5771
2015年6月、652人を対象に「くつろぎ空間」についてアンケート実施

Bespoke 01は、使う人が主役の空間や家具をつくるデザイナー平野正子、伝説のモデラー(モデル家具職人)宮本茂紀(株式会社ミネルバ代表取締役)と、国内で最も歴史のある「寝具御誂専門店」の一つである京都IWATAの代表取締役 岩田有史との3名によるコラボレーションで実現しました。

そのコラボレーションから生まれたBespoke 01のもう一つの特徴として、自然素材へのこだわりがあげられます。IWATAは、国産のオーダー寝具店として自然素材にこだわり寝具を作り続けてきたメーカーです。木材はもちろん羽毛も、化学薬品を使用しない国産100%の素材を使用しています。本商品にも保湿性、吸湿性、放湿性、耐久性など自然素材の持つ、人への優しさや豊かな包容力を十分に活かし、快適な睡眠を実現します。新しいコンセプトを携えたリュクスのお誂え商品で、極上のベッドライフをお楽しみいただけます。


【商品概要】
■サイズ :クイーン W1760×D2250×H1130
■フレーム :オーク無垢材 塗装/サンディングシーラー仕上
■ヘッドボード:木製内部構造 ウエーブ組みバネ ポリウレタンフォーム、
羽毛(ホワイトダックフェザー100%)
■すのこ :シオジ無垢材 塗装/サンディングシーラー仕上
■生地 :ヘッドボード/ナショナル物産COLENSO、
ヘッドボード・フレーム/日本フィスバMOON
■脚 :ウォールナット 塗装/ウレタンナチュラル仕上、脚端/フェルト
■価格 :セミダブル100万円、クイーンサイズ150万円(税別)

※張地やサイズは自由にカスタマイズできます。
※ラークオール(R)は価格に含まれません。


【商品展示について】
■新宿OZONE、東京都新宿区3丁目7 リビングデザインセンター、10:30-19:00 水曜定休(祝日除く)
■2018年4月10日(火)まで新宿OZONE6階にて展示、12日(木)から新宿OZONE5階、IWATA店舗にて展示販売


【制作チーム】
■平野正子(デザイナー)
英国National Design Academy Interior Design Diplomaを取得している空間デザイナー。建築士資格を取得後、設計事務所を設立。住む人、使う人を中心に考えて、カスタマイズされた空間づくり、ものづくりが評判を集め、リノベーション案件に加え、ファブリックを駆使した家具デザイナーとしても活躍中。
https://www.atpress.ne.jp/releases/152163/img_152163_4.png

■宮本茂紀(モデラー)
イタリアでデザイナーと対等に渡り合ってものづくりを行うモデラーの仕事に触発され、日本初のモデラーとして、隈研吾、川上元美、倉俣史朗、梅田正徳、喜多俊之、ザハ・ハディドなど著名デザイナーの椅子を制作。卓越技能賞・黄綬褒章受章。
https://www.atpress.ne.jp/releases/152163/img_152163_5.jpg

■岩田有史(プロデューサー)
創業1830年の家業であるIWATAに入社後、1988年より独学で睡眠の研究を始める。その後、日本を代表する睡眠の研究者らに師事し、眠りのメカニズムに裏付けられた見識でヒット商品を数多く世に送り出してきた。著書に「なぜ一流の人はみな、『眠り』にこだわるのか?」(すばる舎)がある。
https://www.atpress.ne.jp/releases/152163/img_152163_6.jpg

* http://www.iozon.co.jp/bed/larkowl (ラークオール(R)について)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング