アメリカの芝刈機ブランド「Cub Cadet」から作業者の歩くスピードに合わせて機械が自走する新製品が登場!

@Press / 2018年3月19日 10時30分

アメリカのブランド「Cub Cadet(キャブ キャデット)」から芝刈機を輸入・販売を行う株式会社新宮商行(所在地:東京都江東区、代表取締役社長:坂口 栄治郎)は、トラクター芝刈機の実績を積み重ね、新製品として歩行型自走式芝刈機「SC500hw」を3月下旬から販売開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/152233/LL_img_152233_1.png
SC500hw

■製品特徴
<マイスピードドライブシステム搭載>
作業者の歩くスピードに合わせて機械が自走する、“マイスピードドライブシステム”を搭載。これまでの自走式の機械で感じていた、機械に合わせて歩かなければならないために機械のスピードが早すぎる・遅すぎるといったことからくる疲労がなくなり、快適に作業できます。

<21インチブレード搭載>
作業効率を高める21インチ(53cm)ロータリーブレードを搭載。作業者を満足させる十分な刈幅です。

<選べる集草・排出>
グラスバッグとサイドディスチャージシュートを標準装備しており、作業に合わせて、グラスバッグによる後方集草とサイドディスチャージシュートによる横方向への排出を選ぶことができます。

<簡単組み立て>
製品の組み立てはハンドル部のみで、工具なしで組み立てていただけます。


■製品情報
製品名 :SC500hw
希望小売価格 :98,000円(税別)
重量 :約40kg
エンジン :159cc
エンジンスタート:オートチョーク
走行 :自走式 マイスピードドライブシステム
ブレード :21インチ(53cm)
集草/排出 :集草、横方向排出対応
刈高調整 :デュアルレバー6段階調整
ホイール :フルボールベアリング 8インチ/11インチ(フロント/リア)
ハンドル :ソフトタッチグリップ 高さ3段階調整
グラスバッグ :標準装備 50L
燃料タンク :約1L

株式会社新宮商行 機械製品サイト: http://www.shingu-shoko.co.jp/product/#kikaiseihin


■「Cub Cadet」ブランドに関して
「Cub Cadet」はアメリカの企業「MTD」グループ傘下の芝刈機ブランドです。アメリカをはじめ、アジアや欧州など世界中に展開しています。各国において、その品質の高さから、家庭用ではなくプロユーザー向けとして高く評価されています。
日本国内においても当社がトラクター芝刈機やゼロターン芝刈機を販売しており、実績があります。
Cub Cadet芝刈機は、(1)テクノロジーのイノベーション、(2)安定した高いクオリティ、(3)コストパフォーマンスの良さ、が特徴として挙げられます。


■会社概要
商号 : 株式会社新宮商行
代表者 : 代表取締役社長 坂口 栄治郎
本店所在地: 〒047-0032 北海道小樽市稲穂2丁目1-1
本社所在地: 〒135-0016 東京都江東区東陽2丁目4-2 新宮ビル5階
創業 : 1906年(明治39年)
設立 : 1919年(大正8年)
資本金 : 2億5,000万円
事業内容 : 林業機械の輸入販売、木材製品の輸入及び製造販売
木質住宅部材・防腐加工材の製造販売
薪ストーブの輸入販売
URL : http://www.shingu-shoko.co.jp/


■商品に関するお問い合わせ先
株式会社新宮商行 機械部 営業推進課
〒270-2231 千葉県松戸市稔台6-7-5
TEL : 047-361-4701
FAX : 047-362-0157
メール: machinery@shingu-shoko.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング