[キモい展]累計来場者数20万人突破! 新潟県立自然科学館特別展示室で5月6日(日)まで

@Press / 2018年4月10日 10時0分

キモい展実行委員会は、「キモい展」の累計来場者数が4月6日(金)で20万人を突破したことを発表いたします。山口県周南市にある「周南市徳山動物園」制作協力のもと、名古屋・横浜・東京・大阪・札幌に続き、2018年3月24日(土)から新潟県立自然科学館1F特別展示室にて開催しております。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/153701/LL_img_153701_1.jpg
累計来場者数20万人目の高橋さんと新潟県立自然科学館の赤池学館長

『キモい展』公式ホームページ: http://kimoiten.jp/


■累計来場者数20万人突破記念
本展覧会では、気持ち悪いアニマル通称 キモアニを陸、蟲、水と各ゾーンに分け、それぞれの生体を展示・紹介してます。
この度、累計来場者数20万人目には新潟市からお越しの高橋さん。新潟県立自然科学館の赤池学館長から、記念品として「キモい展」オリジナルグッズが贈られました。高橋さんご家族は、お子さんたちのリクエストで、長女の花杏さんの小学校の入学式を終え、家族そろって来られ、「キモい生き物がたくさん見れて楽しかった」と話をしていました。
会場には、小・中学生など子どもを連れた家族やカップルが多く見られ、気持ち悪い生き物たちに背筋を凍らせていました。


■キモい展とはどんなイベントなのか
普段の生活の中では出会いたくないような奇妙な姿をした生き物に対して多くの人はまずは嫌悪感を抱きますが、どの生き物もそれぞれの生息する環境の中でお互いに影響を及ぼし合いながら役割を果たして生きています。
「気持ち悪い」と感じる姿形や色、生体は、生き物たちが生きていくための創意が詰まった、とっておきのフォルムです。貴重な生き物たちを、「気持ち悪い」から一歩踏み込んでじっくり観察し、見て学ぶ展示イベントです。
会場内は撮影自由になっているため、お気に入りの生き物を写真に撮って楽しむこともできます。
※フラッシュ撮影は御遠慮ください。


■世界三大奇蟲とはなんなのか
世界三大奇蟲とは、ウデムシ、ヒヨケムシ、サソリモドキ(ビネガロン)の3種の生き物を指し、3種とも昆虫ではなく蜘蛛に近い生き物であり、特徴的な見た目からそう呼ばれています。

<ウデムシ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/153701/img_153701_3.jpg
非常に不気味な形で、一見地球の生き物とは思えないが、実はクモやサソリの仲間。
毒は持たず意外と大人しいが、とてもすばやく動くことが出来ます。

<ヒヨケムシ>
イモムシとクモとサソリを足したような特殊な姿が印象的な生き物。
夜行性で攻撃的な性格をしています。

<サソリモドキ(ビネガロン)>
その名の通り、サソリに似た外見をしています。
興奮すると、尻尾のあたりから酢酸を出して、酸っぱい臭いと強い刺激で敵を撃退します。


■各ゾーンの展示内容について一部紹介!
<水のキモアニ>
愛嬌のある顔が癖になる「マルメタピオカガエル」
https://www.atpress.ne.jp/releases/153701/img_153701_4.jpg
体長11cm~12cmの扁平な体をもつカエルです。体色は緑色がかかった灰色で、オレンジ色の斑点と白っぽい腹部をもちます。体の大きさの割には非常に手足が短いのが特徴。
まん丸な目玉やかわいらしい見た目からペットとしても人気があります。

<陸のキモアニ>
世界最大・最重量!「ツギオミカドヤモリ」
https://www.atpress.ne.jp/releases/153701/img_153701_5.jpg
最大全長42cmにも及ぶ、樹皮そっくりの体色でカモフラージュしています。尾は小さく、接いだように見えることから「ツギオミカドヤモリ」の和名がつきました。

<蟲のキモアニ>
蜘蛛の王様「メキシカンレッドニー」
https://www.atpress.ne.jp/releases/153701/img_153701_6.jpg
タランチュラの代名詞的な品種。体長8cm~20cm程度。脚の間接部分が朱色の毛で覆われ、朱と黒のバンド模様をしています。普段は温厚な性格ですが、危険を感じると後脚で腹部をこすって毒気を飛ばします。

※展示内容が変更になる場合がございます。


■『キモい展』概要
名称:キモい展
会場:新潟県立自然科学館1F特別展示室
〒950-0948 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番1号

交通アクセス:
<お車でお越しの方>
・高速道路
新潟中央インターより約6分

・新潟バイパス(国道8号)
女池インターより約5分
桜木インターより約3分
http://www.sciencemuseum.jp/guide/

※無料駐車場(250台完備)

<バスでお越しの方>
野球場科学館前 下車徒歩3分

期間 : 3月24日(土)~5月6日(日)
時間 : 平日 9:30~16:30
土日祝 9:30~17:00
※休館日 4月9日(月)・16日(月)・17日(火)・23日(月)
特別展示入場料金: 大人(高校生以上) 当日 800円
小人(小・中学生) 当日 500円
※別途入館料で大人 570円・小人 100円が必要です
主催 : 新潟県立自然科学館、UX新潟テレビ21、キモい展実行委員会
製作協力 : 周南市徳山動物園
協賛 : 生活協同組合コープにいがた
イベントURL : http://kimoiten.jp/


■一般の方からの問い合わせ先
キモい展事務局
TEL:0120-054-283(平日 10:00~17:00)

■新潟県立自然科学館
TEL:025-283-3331(8:45~17:45)
※休館日は除く


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング