『台中フローラ世界博覧会』PRのため台中市政府一団が来日!中部国際空港で「台湾・台中観光フェア」を開催

@Press / 2018年4月6日 10時30分

台中市政府観光旅遊局は、中部国際空港で3月31日(土)と4月1日(日)の2日間、台湾・台中の魅力を大々的にアピールするイベント「花現台中 台湾・台中観光フェア」を開催しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/153820/LL_img_153820_1.jpg
日本中部国際空港での「台湾・台中観光フェア」の様子

台中市政府観光旅遊局の陳盛山局長は、台中市内の食品、ホテル、クリエイティブ産業に関わる業界50名近い業者と共に来日。台中の魅力及び2018台中フローラ世界博覧会を知ってもらおうと台湾名物のタピオカミルクティーやパイナップルケーキなどの台湾グルメのほか、傘などの工芸品のDIY体験イベントも行いました。フリーアナウンサーの高橋真麻もゲスト出演し、「台湾・台中観光フェア」の初日に観光業者やマスコミも参加するなど、1,000人以上の観光客で賑わいました。


■2018年11月3日に開幕する「台中フローラ世界博覧会」をアピール
今回の「台湾・台中観光フェア」では2018年11月3日に開幕する「台中フローラ世界博覧会」の宣伝も行いました。
「台湾・台中観光フェア」が世界各国の旅客1,200万人が行き交う中部国際空港で開催されたのは、「台中フローラ世界博覧会」を世界中に宣伝したいというのが狙いのひとつです。また、陳局長によれば、2017年4月6日、台中国際空港(台中市)と中部国際空港(愛知県常滑市)が友好空港提携を結び、初の姉妹空港となったことも一因となっているようです。両空港間には同日から定期チャーター便が就航しています。
また、11月3日に開幕する「台中フローラ世界博覧会」のために、台中市政府観光旅遊局が積極的にチャイナエアラインの子会社であるマンダリン航空による花博(台中フローラ世界博覧会)定期チャーター便を両空港間で運航することを促進しています。

2018台中フローラ世界博覧会公式サイト: https://2018floraexpo.tw/
https://2018floraexpo.tw/Jp (日本語)


■「台中フローラ世界博覧会」概要
会期: 2018年11月3日~2019年4月24日
会場: 外埔園區・后里馬場森林園區・豐原葫蘆トン公園
主催: 台中市政府
URL : https://2018floraexpo.tw/Jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング