1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

あなたも俳優・女優になれる!? 観客“主役”型演劇 ゴールデンウィークに特別プログラム―“演劇三昧の一週間”

@Press / 2018年4月19日 10時45分

観客自身が舞台にあがって「演劇」ができる、観客が主役の舞台ーそんな“新しい”演劇の楽しみ方「ドラマトライアル」を提供するPrayers Studio(東京都品川区戸越6-23-21-201、代表:渡部 朋彦)が、このゴールデンウィークに“演劇三昧の六日間”と称してイベントを2018年4月28日(土)より開催いたします。
観劇を楽しむ回はもちろん、観終わった後に観客が俳優体験ができる「ドラマトライアル」、さらに、より演劇を深く知り、楽しみたい人向けに三日間コースの「演劇教室」の三本を、ゴールデンウィークの6日間、昼夜で開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/154718/LL_img_154718_1.jpg
メインビジュアル

【今観た舞台の台本を読める!?その場で即興で演じる!?
難しい作品でもあっという間に演じられる秘密】
Prayers Studioの舞台の特徴は“体験”です。客席と舞台という垣根を越えて、非日常空間で【主役になれる体験】を提供します。参加者は会社員や主婦、学生など、多岐にわたります。時間も場所も仲間も必要、趣味や習い事で行うにはハードルが高いといわれていた“演劇”。Prayers Studioの「ドラマトライアル」はその常識を覆します。

「ドラマトライアル」では、
(1)まずは俳優が演じる舞台の観劇をする。
(2)観終わった後はシェアタイム。複数の眼で見たことを繋ぎ合わせる事で作品の理解をより深めます。
(3)そしていよいよ、希望者は舞台にあがりぷち俳優体験。台本は持ったまま、ナビゲーターの誘導に従いながらセリフを口にしていきます。情報量が多いことで、はじめての方でもあっという間にシーンに溶け込むことが可能となります。


【お芝居という作り物の世界だからこそ、感情をおもいきり表現できる!】
現代社会では感情を表に出すことはよくないとされる場合が多くなっています。しかし、演劇の世界はその感情を“表現して良い”場です。怒ってもいい。泣いてもいい。お芝居という作り物の世界だからこそ、日常で心に押し込めてしまった感情思いきり解放することが可能となります。涙活という言葉に代表されるように、感情を表現することはストレスを解消することにもつながると考えられます。そして、それらを表現することで同じ思いを持つ人々との間に共感が生まれ、人と人との心の繋がりを生むことができるように思います。

演劇は、観ても、そして演じても心が動かされます。何より楽しい!Prayers Studioでは、一般の方が“趣味で演劇できる場”を増やすことで、演劇そのものに興味を持ち劇場へ足を運んでいただける人口が増え、参加者は演劇を通して実生活をよりよくするために役立てていただけること、双方にとってのメリットあるコンテンツを今後も打ち出し続けていけたらと考えています。


■サービス概要
ゴールデンウィーク スペシャル演劇プログラム
開催日:4月28日(土)~5月5日(土)
※1日・2日は休演
会場 :Prayers Studio(都営浅草線・東急大井町線「中延駅」駅徒歩1分)
及びその近郊施設にて開催
詳細はこちら http://prayers.jp/gwspecialdrama.html

★ぷち俳優体験!ドラマトライアル
日時:4月29日(日)・5月4日(金祝)・5月5日(土) いずれも18時~
料金:3,500円(ペア6,000円)

★演劇鑑賞
日時:4月28日(土) 18時~ ハロルド・ピンター作「ダム・ウェイター」
5月3日(木・祝) 18時~ 清水 邦夫作「楽屋―流れさるものはやがてなつかしき―」
料金:3,000円(ペア5,000円)

★3日間演劇教室
A日程:4月28日(土)~30日(月・祝) 12時~16時
B日程:5月3日(木・祝)~5月5日(土) 12時~16時
料金 :3日間ワンセット 20,000円


■団体概要
Prayers Studio(ぷれいやーずすたじお)
品川区戸越6-23-21 インストールの途中だビル(光洋ビル)201
代表 : 渡部 朋彦
連絡先 : 080-7004-8293、 mail-info@prayers.jp
公式サイト: http://prayers.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング