ピクセルカンパニーズグループがブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクトシステムの開発受託事業を開始

@Press / 2018年4月20日 10時15分

ピクセルカンパニーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 弘明)は、当社グループのフィンテック・IoT事業(当社、当社の連結子会社であるピクセルソリューションズ株式会社(以下「PXS社」)及び海伯力(香港)有限公司)において、ブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクトプラットフォームであるイーサリアム及びNEOをベースとした透明性・信頼性の高い取引を実現するシステムの開発(トークンの開発を含む)受託事業を開始する事を決定いたしました。


1.フィンテック・IoT事業の概要
PXS社は、金融機関向けのシステム開発や電子的封印技術を利用したIoTデバイス(スマートタクシーメーター)開発・製品化に取り組むとともに、仮想通貨関連事業(マイニング事業)を開始しております。また、PXS社、当社ブロックチェーン事業部及び海伯力(香港)有限公司の3社が連携する形で、ブロックチェーン技術を用いた事業の事業推進を行い、当社グループが培ってきた技術やノウハウを活かした事業シナジー及び事業領域拡大による収益基盤の拡充に努めております。当社グループは、「AI」「ブロックチェーン」「IoT」が当該事業の成長に繋がり、当社グループ全体での事業シナジーに資するものと考えております。
昨今、金融分野ではAIやRPA(※1)などITの導入が活発であり、ブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクト(以下「スマートコントラクト」)は同分野での親和性が高く、今後ますますの普及が進むものと当社グループは考えております。また、スマートコントラクトは他業種への汎用性も高く、今後は金融分野以外においても普及が進むものと考えております。当社は、スマートコントラクトの今後の市場成長性や当社グループが培ってきたノウハウや技術を転用でき、当該事業とのシナジーが得られることや複数社より受注検討のオファーを得たことからスマートコントラクトシステムの開発受託事業に着手することを決定いたしました。
なお、当社グループは当面のシステム開発においてスマートコントラクトのオープンソースであるイーサリアム及びNEOをベースプラットフォームとしたシステムの開発(トークンの開発を含む)受託事業を行う予定であります。
※1. RPAとは、Robotic Process Automationの略で、ロボットによる業務自動化の取組みをいいます。

2. スマートコントラクトについて
スマートコントラクトとは、取引履歴などをコンピューターネットワークで分散して記録・管理する技術であるブロックチェーン上で動くプログラムであり、決済期間の短縮や不正防止、仲介者を介さないことによるコスト削減にも寄与すると期待されており、各国で取組みが行われています。スマートコントラクトは、ユーザー同士が直接取引を行う非中央集権型のサービスを実現でき、社会に大きな変化をもたらす可能性があるものと考えていることから、当社グループは開発受託に取り組むことを決定しております。
また、当社グループの開発受託するスマートコントラクトシステムは、ベースプラットフォームとしてイーサリアム及びNEOの採用を決定しております。
イーサリアムは現在、市場にある仮想通貨及びトークンのプラットフォームに最も多く採用されており、NEOは、多彩な開発言語を用いることが可能な中国初のパブリックブロックチェーンプロジェクトとして、今後の普及が見込まれております。NEOは、Java、C#、Pythonなど多彩な言語によりスマートコントラクトを実行できるため、開発エンジニアへの汎用性が高いことから、当社グループのエンジニアの転用や外部からのエンジニアの確保も行いやすくなるものと想定しております。前述のとおり、イーサリアムをベ
ースプラットフォームとして採用することで、市場ニーズに順応したシステムの開発が可能となり、NEOをベースプラットフォームとして採用することで、NEOの普及に伴う市場拡大によるシェア獲得が可能になるものと考えております。これらが当社グループにおけるフィンテック・IoT事業の今後の成長及び事業シナジーの創出につながるものと想定しております。

3. 具体的なブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクトシステムについて
・ トークン・ウォレットの開発受託
・ KYCシステムの開発受託(※2)
・ 仮想通貨交換所システムの開発受託
※2. KYCとは、Know Your Customerの略で、新規に口座を開設する際に、銀行から要求される、顧客本人の身元確認における書類手続きの総称です。

4. 開発・受託事業の開始時期について
平成30年4月開始
※現在、受注見込み先との開発スケジュール等の協議を開始しております。


■ピクセルカンパニーズ株式会社 概要
企業名 : ピクセルカンパニーズ株式会社(JASDAQコード:2743)
代表者 : 代表取締役社長 吉田 弘明
所在地 : 東京都港区六本木六丁目7番6号 六本木アネックス5階
設立 : 1986年10月6日
事業内容 : グループの経営方針・戦略策定及び経営管理
ホームページ: http://pixel-cz.co.jp


■ピクセルソリューションズ株式会社 概要
企業名 : ピクセルソリューションズ株式会社
代表者 : 代表取締役社長 増井 浩二
所在地 : 東京都港区六本木六丁目7番6号 六本木アネックス5階
設立 : 2007年11月8日
事業内容 : 金融業界を中心にシステム開発、構築を行うSI事業
電子封印技術を活用した
スマートタクシーメーター開発を行うIoT事業
ホスト、サーバー、クライアントシステムの
コンサルテーション、システム開発
ホームページ: https://www.pxc-sol.co.jp/index.html


■海伯力(香港)有限公司 概要
企業名 : 海伯力(香港)有限公司
代表者 : 董事長 吉田 弘明


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング