日本全国の“うまいもの”を楽しむ 4月24日(火)から『千年の宴』に土佐の『乙女鯛(おとめだい)』が登場

@Press / 2018年4月24日 10時0分

株式会社モンテローザ(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:大神 輝博)は、平成30年4月24日から、全国の「千年の宴(約140店舗)」「鶏のGeorge(船橋南口駅前店)」のグランドメニューをリニューアルし、新メニューの販売を開始いたします(※)。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/155074/LL_img_155074_1.jpg
土佐 乙女鯛(イメージ画像)

平成30年の新メニューの目玉は「土佐の乙女鯛(おとめだい)」を使ったお料理です。潮の流れが速い“黒潮”で育った「乙女鯛」は、活〆・血抜き・神経〆など生産者の一貫した管理体制により、鮮度を保ったまま店舗に届きます。千年の宴では、乙女鯛をお刺身または焼物で提供いたします。なお、「乙女鯛」の名称は、土佐の幕末の志士である「坂本龍馬」を影で支えた実の姉「乙女ねえやん」に由来します。


【「土佐の乙女鯛」を使った新メニュー】
・土佐 乙女鯛の桶盛り(680円)
乙女鯛そのままの美味しさを、お刺身でお召し上がりください。
https://www.atpress.ne.jp/releases/155074/img_155074_2.jpg

・土佐 乙女鯛柚庵焼(580円)
柚子の香りで上品な仕上がりです。

・土佐 乙女鯛と青さ海苔のつけそば~鯛つゆ仕立て~(680円)
鯛つゆの味と香りをお楽しみください。
(表示価格は、すべて税抜きです。)


【その他の新メニュー】
「乙女鯛」を使ったお料理の他にも、多くの新メニューを用意いたしました。その一部をご紹介します。(表示価格は、すべて税抜きです。)

・濃厚できたて豆富(580円)
なめらかな食感の一番湯葉と、まろやかな甘みの豆富を堪能できます。
https://www.atpress.ne.jp/releases/155074/img_155074_3.jpg
<食べ方>
その一、豆乳が温まると1~2分で表面に薄い膜(一番湯葉)ができます。串で引き上げてお召し上がりください。
その二、一番湯葉を引き上げたら火を消して、にがりを入れて軽くかき混ぜフタをします。
5分ほどで、ふんわりした寄せ豆富のできあがりです。スプーンですくってお召し上がりください。

・プレミアムつくね串(一串:450円)
開発担当者が試行錯誤のすえに辿り着いた当店自慢の「つくね串」です。
https://www.atpress.ne.jp/releases/155074/img_155074_4.jpg

・牛サーロインの炭火ステーキ(1,580円)
総料理長が自信をもってオススメする牛のサーロイン【200グラム】を炭火で焼いて提供します。(※)
https://www.atpress.ne.jp/releases/155074/img_155074_5.jpg

・名古屋名物 どて焼き盛り合せ(650円)
コクと旨みの名古屋風おでん。ごはんのお供にも。お酒のつまみにも最高の逸品です。
https://www.atpress.ne.jp/releases/155074/img_155074_6.jpg


当店では、串焼きには全て国産どりを使用しております。新メニューの「プレミアムつくね串」の他、定番の「炭火串焼盛り合せ(四串:740円)」も大変人気です。美味しさ・安心・安全を追求した当店の人気メニューも、引き続きお楽しみください。従業員一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

※ グランドメニューの変更日は、店舗ごとに異なります(4月24日~26日の期間)。詳しくは、ご利用予定の店舗スタッフにお問い合わせください。
※ 一部店舗(中野セントラルパーク店)では、炭火を使用しておりません。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング