5月6日はふりかけの日!各地で販売促進イベント・催事を開催 『全国ふりかけグランプリ(R)2019』の開催も決定!

@Press / 2018年5月2日 18時0分

一般社団法人国際ふりかけ協議会は、2015年8月17日に『ふりかけの日』の認定登録を受けました。これを機に毎年5月6日のふりかけの日にちなんだイベントを開催し、ふりかけの販促を進めております。
また、『全国ふりかけグランプリ(R)2019』の開催も決定いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/155746/LL_img_155746_1.jpg
5月6日はふりかけの日 ロゴ

ホームページ: http://www.ifa-furikake.jp/


■『ふりかけの日』制定の理由
2014年10月25・26日に、ふりかけ発祥の地・熊本で『全国ふりかけグランプリ(R)2014』を開催しました。グランプリは盛り上がり、その後も『全国ふりかけグランプリ(R)2015』、『全国ふりかけグランプリinいわき(R)2016』、『全国ふりかけグランプリ(R)2017』のグランプリを開催。ふりかけのメディアへの露出も増えたことから、我々はふりかけの可能性を感じました。そこで、ふりかけ及びふりかけ業界をもっと盛り上げたいという想いで、『ふりかけの日』を制定いたしました。


■なぜ5月6日なのか
ふりかけは大正時代、熊本の薬剤師である吉丸末吉氏が、日本人のカルシウム不足を懸念して、乾燥した魚を粉末にしたものが始まりといわれています。吉丸氏の想いから生まれたふりかけは、美味しくて栄養価が高い優れものです。吉丸氏への敬意を表し、彼の功績を後世に伝えるため、ふりかけの父・吉丸氏の誕生日である5月6日を『ふりかけの日』とすることにしました。


■今後の展開について
毎年5月6日、ふりかけ業者や小売店などで、ふりかけ販売促進イベント・催事を開催する予定で、期間中はドン・キホーテなど一部店舗で「ふりかけグランプリ2014金賞・2015ソフト部門金賞」商品『いか昆布』をはじめとしたふりかけ商品の販売強化をしています。また『ふりかけの日』イベントだけでなく、『全国ふりかけグランプリ(R)』も継続して開き、ふりかけ業界全体を盛り上げていきます。
なお、『全国ふりかけグランプリ(R)2019』は、関東にて開催いたします。

『全国ふりかけグランプリ(R)』について: http://www.furikake-gp.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング