日本初、ドイツ生まれ“針なし”で肌深層へ届くメソセラピー「メソリフト」5月開始!無痛の施術で首・手の甲のしわに期待大

@Press / 2018年5月18日 13時0分

開院24年を迎える、アンチエイジング美容皮膚科を展開する医療法人社団シーズ・メディカルグループ シロノクリニック(理事長:城野親徳、所在地:東京都渋谷区)は、兼ねてより課題としてきた、難易度の高い首のしわ、手の甲のしわ改善に効果的な最新機器を模索してきました。これらのしわ改善には回数がかかり、そのため「無痛」であることも提供していく上での重要なポイントでした。シロノクリニックは、2018年4月26日、ドイツ最新技術の無痛メソセラピー「メソリフト」を日本初導入することで、一歩踏み込む最新型「無痛しわ治療」の提供を5月1日より開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/156607/LL_img_156607_1.png
メソリフト施術イメージ

■ドイツ発、日本初上陸の針を使わないメソセラピー「メソリフト」とは
「メソリフト」は、ドイツMeddrop社開発のTDA SYSTEMを使用した、非接触・非侵襲的に有効成分を皮膚深層へ注入する、最新技術を採用したメソシステムです。ペン型のアプリケータ内で、有効成分と高純度酸素が融合し微粒子状のマイクロユニットを形成、形成されたマイクロユニットはプログラムに設定されたパルス(照射様式)により肌の深層(真皮層)へと噴霧されます。施術プログラムは、フェイシャルを中心に、手やヒップ、太ももなど、合計7種類のプログラムが登録されており、加えて乾燥肌向けに「ドライスキンモード」で施術することも可能です。さらに、患者様オリジナルに強度、液剤量、パルスを自由設定することができ、肌状態に合わせたオリジナルの施術を実現します。

■TDA SYSTEMとは
TDA(Transdermal Application)SYSTEMとは、ドイツMeddrop社の老化防止研究により開発された最新メソシステムです。独自開発した「LP3-Complex」は、肌の脂質を通過できるようにサポートし、多分子のヒアルロン酸や植物エキスを肌の深層(真皮層)まで浸透させます。

■「メソリフト」のメカニズム
(1)アプリケータ内でカートリッジの有効成分と高純度酸素を融合させマイクロユニットを形成。
参考画像(メカニズム:Step1)
https://www.atpress.ne.jp/releases/156607/img_156607_3.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング