【養老鉄道】昭和時代の近鉄カラー車両による第22回「運転体験」の実施について

@Press / 2018年7月11日 14時0分

養老鉄道では2018年8月25日(土)・26日(日)の2日間、養老鉄道D14編成(614号車-514号車)の2両編成の電車を使用して、第22回運転体験を実施します。

○概要
(1)実施日時 2018年8月25日(土)・26日(日)
12時00分~16時00分(予定)
注:悪天候や異常時には、運転体験を中止することもあります。
(2)申込期間 2018年8月9日(木)必着まで
(3)実施場所 車両管理所 大垣車庫(西大垣駅に隣接)
(4)参加資格 小学校4年生以上(身長130cm以上)
(5)料 金 お一人様 10,000円
(運転体験証明書、写真代・参加記念品含む)
(6)募集人員 各日16名 計32名
(申込多数の場合は抽選とします)
(7)内 容 ・運転体験前に、電車の動く仕組みや運転業務等に関する
学科教習を行います。
・指導運転士のもと、約100mの区間を一人2回運転して
いただきます。
・車両に装備されている機器を使用して、車内放送および扉
開閉操作などの、車掌体験をして頂きます。
(センロク[604号車-504号車]を使用)
・各種系統板を取り付けた車両(センロク)の撮影会を
行います。
(8)申込方法 申込用紙(チラシまたはホームページに掲載)に所定事項を
記入のうえ、郵送またはFAXでの送付か、当社ホームページ
のイベント情報の申込フォームよりお申込み下さい。
( http://www.yororailway.co.jp/ )
応募者多数の場合は、抽選を行い8月13日(月)までに当社
から運転体験参加者に連絡します。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161033/img_161033_1.jpg
614号車―514号車(2両編成)
※D14編成の概要
1966年、近鉄・名古屋線の通勤車1800系として新造され、1994年7月に養老線へ移籍しました。車体色は1980年代まで使用されていた、近鉄カラー(マルーン)です。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング