春陽堂書店「江戸川乱歩文庫」のリニューアルを8月上旬より開始!2019年の乱歩生誕125周年に向けて、17作品をリニューアル

@Press / 2018年7月25日 9時30分

2018年で創業140周年をむかえる出版社・株式会社春陽堂書店(東京都中央区)は、江戸川乱歩生誕125周年に向け、2018年8月上旬より「江戸川乱歩文庫シリーズ」作品17点のリニューアルを開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161664/LL_img_161664_1.jpg
魔術師

【1987年刊行の春陽堂書店「江戸川乱歩文庫」】
国内外で熱狂的なファンを持つ、銅版画家・多賀新による幻想的でエロティックな装画で人気を集め、“乱歩を読むならこのシリーズ!”と、多くのファンに支えられました。
2015年にはリニューアル第1弾として、13点を刊行。文字を大きく読みやすくした他、乱歩研究家・落合教幸の解説と、充実した旧蔵資料を収録しました。
そして今年8月より、リニューアル第2弾がスタート。明智小五郎シリーズでも定評のある『魔術師』『人間豹』を皮切りに、めくるめく昭和のエンタメをお届けいたします。

■リニューアル作品紹介(一部)
作品名:魔術師
販売日:2018年8月1日予定
価格 :900円(税抜)

作品名:人間豹
販売日:2018年8月1日予定
価格 :950円(税抜)

作品名:幽霊塔
販売日:2018年9月下旬予定
予価 :900円

作品名:影男
販売日:2018年9月下旬予定
予価 :900円


【2019年は乱歩生誕125周年】
昭和40年(1965年)7月28日に、この世を去った乱歩ですが、近年もその影響力は衰え知らず。いまなお、幅広いジャンルで乱歩作品が注目されています。舞台化・アニメ化・パロディ化も多数、「今こそ読みたい、読んでほしい!」江戸川乱歩の世界。


【会社概要】
株式会社春陽堂書店
所在地 : 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-4-16 春陽堂ビル9階
所属団体 : 一般社団法人日本書籍出版協会、一般社団法人出版梓会
サイトURL: http://shunyodo.co.jp/blog/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング