ヨーロッパの徒歩ツアー専門旅行会社とユーレイルが提携 ローカルでユニークなウォーキングツアーが20%割引に

@Press / 2018年7月24日 14時30分

ユーレイル・グループは、世界有数の徒歩ツアー専門の旅行会社であるSANDEMANs NEW Europeと新たに提携関係を結びました。
この度の提携により、ユーレイルパスのボーナス特典の一環として、パスホルダー向けに同社のユニークな徒歩ツアーが20%割引になります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161965/LL_img_161965_1.jpg
ユーレイルパスで旅する

SANDEMANsでは、定額料金のツアー及び、チップ制の無料ツアーを提供しています。一方、ユーレイルはヨーロッパ28カ国の鉄道旅行が楽しめる鉄道パスを提供しています。ヨーロッパ各国のアトラクション、ツアー、ホテルやフェリー航路などが割引になるユーレイルボーナス特典が有名です。ユニークで満足度の高いツアーを提供するSANDEMANsとの提携により、ヨーロッパの美しい都市の歴史、文化、隠れお勧めスポットやエンターテインメントなどを地元のガイドと巡るという特別な体験がよりお手頃な価格で可能になりました。

SANDEMANsでは、英語、スペイン語、ドイツ語など、ヨーロッパ17カ国で90以上のツアーを催行しています。アムステルダム、ベルリン、バルセロナ、パリなどユーレイル旅行者の人気都市が含まれているので、ユーレイルでの鉄道旅行との親和性は抜群です。ツアーの予約はユーレイルパス購入後、公式販売ウェブサイト( https://www.eurail.com/ )または、ユーレイルの公式アプリEurail Rail Planner Appから可能です。


■関係者からのコメント
・SANDEMANs NEW Europe
パートナー・リレーションズ&コミュニケーションズ・ディレクター、ステファニー・テイラー・カリロ
「ユーレイルとのパートナーシップには興奮しています。当社はヨーロッパで15年以上の実績がありますが、我々のツアーには多くのユーレイル旅行者が参加しています。ユーレイル旅行者に当社のツアーの割引特典を提供することにより、ユーレイルとSANDEMANsとの自然な連携をより強固なものにできるでしょう。」

・ユーレイル・グループ、セールス&マーケティング・ディレクター、シルビア・フィッシャー
「ユーレイルでは思い出に残るヨーロッパ旅行を体験していただくため、お客様が付加価値の高い特典を享受していただけるよう努力を重ねています。ユーレイル旅行者にとって地元の文化と人に触れ合う事は旅の基本です。SANDEMANsとのパートナーシップによりヨーロッパの人気都市での体験が格別なものになることでしょう。」

・ユーレイルパス公式販売サイトEurail.com、CEO、ブレンダ・ファン・レーウェン
「SANDEMANsとの提携はツアーとアクティビティという旅行商品を完璧なものにしています。我々の目的は鉄道パスを販売するだけでなく、様々なボーナス特典の中から自分に合ったものを選んでいただき、ヨーロッパ旅行をより思い出深いものにしていただく、ということなのです。」


ユーレイルパスは11か月前からの予約が可能で、ユーレイル公式サイトで扱っています。
URL: https://www.eurail.com/


■SANDEMANsについて
SANDEMANs NEW Europeは、世界有数の徒歩ツアー専門の会社です。ヨーロッパを中心に中東及びアメリカの20都市でのツアーを扱っています。年間利用客数は約200万人で、TripAdvisorの5つ星リビューは15万を超えます。お客様がツアーの料金を決めるフリーツアー制を導入したパイオニアでもあります。お客様の要望に応えるための450人以上のフリーランスのガイドが毎回誠意を持ってベストなツアーを提供します。フリーツアー制の他にも、その町の歴史や文化に特化した定額料金のツアーも扱っています。


■ユーレイルについて
ユーレイルパスはヨーロッパ自由旅行の代名詞。たった1枚のパスでヨーロッパ28カ国の鉄道が乗り放題、また、様々なボーナス特典や割引特典が付いています。2001年に設立されたユーレイル・グループG.I.E.は、欧州内外の利用者に対して、ユーレイルとインターレイルのプロダクトをマネジメントする専門機関です。35を超える鉄道会社および船会社が共同で出資・運営するユーレイル・グループG.I.E.は、ホテル、運送会社、アトラクションなどと提携し、ヨーロッパを縦断して旅行するユーレイルおよびインターレイル・パス利用者の利便性のさらなる向上を目指しています。詳しくは公式ウェブ https://eurailgroup.org/ (英語)をご覧ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング