熊本・天草の土産菓子として半世紀愛されてきた「天草サブレ」に世界文化遺産登録記念パッケージが登場

@Press / 2018年8月9日 10時30分

株式会社熊本菓房(代表取締役社長:布井 吉治)は、天草市の崎津集落が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産に登録されたことを記念して、崎津教会をデザインした「天草サブレ限定パッケージ」を販売開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/163286/LL_img_163286_1.png
天草サブレ限定パッケージ

熊本地震から一歩ずつ復興の道のりを歩んでいる県民にとって明るい話題となった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界文化遺産登録決定のニュース!熊本からは、天草の崎津集落が世界文化遺産に登録されました。
天草サブレ限定パッケージは、熊本でご購入された方だけでなく、贈られた方にも世界文化遺産登録を知っていただけるようオリジナルのポストカード入りとなっています。また、商品の売上金の一部は「天草の崎津集落」の維持保全の為に寄付されます。


◆ 世界文化遺産 ~長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産~ ◆
『天草の崎津集落』
世界文化遺産に登録された「天草の崎津集落」のシンボルである天草の崎津教会は「海の天主堂」とも呼ばれ、美しくも重厚なゴシック様式の教会で、周辺の漁村風景や海を背景に特徴的な文化的景観を作り出しています。教会の堂内は国内でも珍しい畳敷きとなっており、その祭壇はかつて禁教時代に絵踏みが行われた場所に置かれたと言われています。禁教期においても、250年以上にわたって「潜伏キリシタン」として信仰が守られた歴史ある集落です。


■熊本菓房について
1950年 - 熊本県天草郡本渡町に菓子パン小売業「菓舗さぼてん」を創業
1966年の天草五橋開通と同時に販売開始した「天草サブレ」
現在でも主力商品のひとつとして、地元の方や観光客に愛されているロングセラー商品。

【会社概要】
会社名 : 株式会社熊本菓房
代表者 : 代表取締役社長 布井 吉治(ぬのい よしはる)
本社所在地: 〒861-8031 熊本市東区戸島町920-3
設立 : 創業 昭和25年
資本金 : 3,200万円
業務内容 : 和・洋菓子製造・販売
URL : http://www.kabou.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング