みちびき(準天頂衛星システム)対応の高精度3次元変位計測システム「DANA CLOUD(TM)(ダーナクラウド)」を開発

@Press / 2018年8月24日 13時0分

エコモット株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:入澤 拓也、以下「エコモット」)と古野電気株式会社(本社:兵庫県西宮市、代表取締役社長:古野 幸男)は、地盤変位や人工構造物の変位をミリメートルオーダーで計測し、計測データをクラウド上で管理することのできる高精度3次元変位計測システム「DANA CLOUD(TM)(ダーナクラウド)」を開発し、2018年8月28日より幕張メッセにて開催される建設・測量生産性向上展「CSPI EXPO」に出展いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/164210/LL_img_164210_1.jpg
システム概要図

提供開始:2018年発売予定
価格 :オープン価格

「DANA CLOUD(TM)(ダーナクラウド)」は、変位観測エリア外に設置したセンサーの座標を基準点として、観測エリア内に設置した複数のセンサー(観測点)の変位量を、GNSSスタティック測位法により3次元で計測する独自の技術を活用することで、設置の容易性や低コスト化を実現しながら、高精度な計測を可能としました。
収集したデータはモバイル通信回線を通じてクラウド上のプラットフォームへとリアルタイムで収集され、変位量に応じたアラートやデータの表示・分析などにご利用いただけます。

本製品は、地すべりや火山活動の監視などの防災用途、鉱山の残壁などの地盤変位の監視や、堤防・護岸、ダム堤体、送電線鉄塔、橋梁、構造物、のり面、鉄道路盤等の変状監視や管理など、様々な場所での施工管理段階から維持管理まで幅広く対応が可能です。

設置事例
https://www.atpress.ne.jp/releases/164210/img_164210_2.jpg


■今後の展開
本製品は防災関連市場への多くの導入・稼働実績を持つ「DANA(TM)(ダーナ)」システムをクラウド化することによって利便性、データの再利用性を高めています。
今後は国土交通省の推進するi-Constructionに呼応した、生産性の向上に寄与する製品として、防災関連市場のみならず、建築構造物の維持管理や土木建設の市場に対しても積極的な展開を行ってまいります。


■i-Construction(アイ・コンストラクション)について
国土交通省では、2008年より建設施工の生産性向上、品質確保、安全性向上、熟練労働者不足への対応など、建設施工が直面している諸課題にICTを活用した「情報化施工」の普及を推進していました。さらに2016年からは、革新的なICT技術の登場、さらなる建設現場の生産性向上の必要性から、測量・設計から、施工、さらに管理にいたる全プロセスにおける情報化を実現し、2025年までに建設現場の生産性を2割向上する事を目指す取り組みを「i-Construction」として推進しています。


■GNSS(Global Navigation Satellite System)とは
複数台の人工衛星から送信される位置情報・時刻情報と電波を受信した僅かな時間差を計算することで、高精度な位置情報の測位を実現させるシステムです。
米国のGPS、ロシアのGLONASSなどが稼働しており、日本では4機の人工衛星からなる準天頂衛星システム(QZSS/みちびき)の運用が2018年度から開始されたことにより、より高精度で安定した衛星測位サービスの提供が可能となりました。


■エコモット株式会社について
エコモットは2007年の創業以来IoT専業のソリューションベンダーとして、センサー・自社開発信デバイスの提供を行うとともに、多様な顧客ニーズに応じたカスタマイズ、現場での設置ノウハウを提供し、あらゆる「モノ・コト」からセンシングを可能にするソリューションを提供しています。2017年6月に札幌証券取引所アンビシャス市場へ、2018年6月に東京証券取引所マザーズへ上場いたしました。

所在地 : 〒060-0031 北海道札幌市中央区北1条東2丁目5番2号
代表 : 代表取締役 入澤 拓也
設立 : 2007年2月
事業内容: IoTソリューションの企画、およびこれに付随する端末製造
通信インフラ、アプリケーション開発、並びにクラウドサービスの
運用・保守に関する業務のワンストップでの提供
URL : https://www.ecomott.co.jp/


■古野電気株式会社について
古野電気(東京証券取引所市場第一部、コード番号:6814)は1948年に世界ではじめて魚群探知機の実用化に成功して以来、「新たな価値創出を通じて社会の役に立ち続ける」ことを企業価値に据えて、「みえないものをみる」ことで「安全安心、環境に優しい社会・航海の実現」を目指している世界トップシェアの船舶用電子機器総合メーカーです。近年は通信・GNSSソリューション事業やヘルスケア事業といった産業用分野に加えて、身近な安全安心を支援する防災・監視ソリューション事業を強化しております。

所在地 : 〒662-8580 兵庫県西宮市芦原町9-52
代表 : 代表取締役社長 古野 幸男
設立 : 1951年5月
事業内容: 船舶用電子機器および産業用電子機器などの製造・販売
URL : https://www.furuno.co.jp/


■建設・測量生産性向上展「CSPI EXPO」概要
本展示会は建設業界・測量業界の最新かつ最先端の機械・設備・技術・サービスを一堂に集めた展示会として、業界全体の課題解決の場を目指して開催されます。

展示会名 : 建設・測量生産性向上展「CSPI EXPO」
URL : http://cspi-expo.com/
会期 : 2018年8月28日(火)~30日(木)
開催場所 : 幕張メッセ
主催 : 建設・測量生産性向上展実行委員会 運営事務局
ブース番号: F-14


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング