東海地区初開催のオープンイノベーションプログラム「東海オープンアクセラレーター」を10月1日より開始

@Press / 2018年9月20日 15時0分

株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」)は、オープンイノベーションプログラム「東海オープンアクセラレーター」(以下「本プログラム」)の運営を、2018年10月1日に開始します。東海地区に拠点を置く、大同メタル工業株式会社※1、日東工業株式会社※2、フタムラ化学株式会社※3、株式会社物語コーポレーション※4の4社(以下総称して「東海企業4社」)が、スタートアップ企業※5とのオープンイノベーション※6による新規事業創出を目指します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/165125/LL_img_165125_1.jpg
「東海オープンアクセラレーター」ロゴ

本プログラムでは、東海地区で生まれた強固なブランドや多様な事業領域、顧客基盤などの経営資源(リソース)を有する東海企業4社が、斬新なアイデアやノウハウを有する全国のスタートアップ企業に連携を呼びかけ、東海企業4社それぞれのリソースを活用した新しい事業や産業を創出することを目的とします。これにより、東海地区の経済成長や地方発の日本経済全体の活性化を目指します。

本プログラム開始予定の2018年10月1日には、「東海オープンアクセラレーター」専用のウェブサイトを開設し、東海企業4社に対する新規事業の提案を希望するスタートアップ企業からのエントリーの受付を開始します。東海企業4社とスタートアップ企業は、初期的なシナジーの確認から協業に至るまでのゴールに向けて、新規事業案のブラッシュアップを行い、強力な連携機会を発掘していきます。

DBJは、今後も、全国の自治体や地元企業に対し、スタートアップ企業とのオープンイノベーションによる新規事業創出支援プログラムを提案し、地域産業全体の活性化、新しい市場の育成、新規雇用拡大の促進に貢献していきます。


■「東海オープンアクセラレーター」の概要
1. 参加企業(50音順)
大同メタル工業株式会社、日東工業株式会社、フタムラ化学株式会社、株式会社物語コーポレーション

2. 運営
株式会社日本政策投資銀行

3. 後援
愛知県、名古屋市、Tongali※7

4. 支援企業
● Creww株式会社※8
● 東京建物株式会社
本プログラム期間中、参加企業やブラッシュアップに進んだスタートアップ企業に対し、東京建物株式会社が運営する会員制シェアオフィス「+OURS(プラスアワーズ)」のコワーキングスペース(八重洲・新宿)を無料で開放します。

5. エントリー期間
2018年10月1日(月)~2018年10月19日(金)

6. 専用ウェブサイト
https://dbj-i.net/ja/collaboration/tokaioa2018
(2018年10月1日(月)公開)

7. 概要
DBJが、参加企業に対するスタートアップ企業からの提案募集からマッチング、協業に至るまでのプロセスを、参加企業と共同で進めます。スタートアップ企業は、専用ウェブサイトにて登録無料のcrewwスタートアップアカウントに登録することで、どなたでも複数の参加企業に対してそれぞれエントリーすることができます。エントリーしたスタートアップ企業は、エントリー期間終了後、参加企業と新規事業案のブラッシュアップを行いながら、2度のセレクションを経て、参加企業との協業を協議していきます。そして、プログラムの最後には、参加企業との協業内容の発表を目指します。

<関連URL>
▼(2017年開催)「京都オープンアクセラレーター」専用ウェブサイト
https://dbj-i.net/ja/collaboration/kyoto-2017-8
▼(2018年開催)「神戸オープンアクセラレーター2018」専用ウェブサイト
https://dbj-i.net/ja/collaboration/kobeoa2018

■参考
※1 大同メタル工業株式会社
来年、創立80周年を迎える世界唯一の「総合すべり軸受メーカー」で、自動車、船舶、建設機械、一般産業向けなど、あらゆる産業分野に貢献する。自動車や大型船舶のエンジンに使用される軸受はいずれも世界トップシェア。世界15ヶ国、45拠点で、グローバル生産・販売体制を構築。どこのメーカーにも属さない独立系企業の為、スピーディーに事業展開できるところに面白み、強みがある。「新規事業の創出・育成」を新中期経営計画の大きな柱の1つとしている。

※2 日東工業株式会社
愛知県長久手市に本社を置く、配電盤や分電盤・キャビネット・ブレーカなどの電気インフラ関連機器およびその部材の製造・販売を中心に事業展開を行う企業。2020中期経営計画では「挑戦 次世代のビジネスモデルへ」を掲げ、自社の強みを活かし対応範囲を広げることにより“電気と情報を明日へつなげる価値創造企業”を目指している。

※3 フタムラ化学株式会社
プラスチックフィルムやセロハン、活性炭を主な製品とし、生活や産業を支える安心・安全な素材の研究開発・製造・販売を行う企業(本社:愛知県名古屋市)。国内に14の支店・営業所・工場などの拠点を構え、食品包装用プラスチックフィルムのトップメーカーとして「安心してお使いいただける製品」を「安定した品質」で「安定的に供給」することを使命としている。

※4 株式会社物語コーポレーション
「焼肉きんぐ」「ゆず庵」「丸源ラーメン」などに代表される、主に郊外の幹線道路沿いに位置する外食店舗を、直営店舗・フランチャイズ店舗を併せて470店舗(国内455店舗・海外15店舗/2018年6月末現在)で展開している企業(本社:愛知県豊橋市)。多岐にわたる外食市場の中で、焼肉・しゃぶしゃぶ・寿司・ラーメン・お好み焼きなどの大きな市場に焦点を当て、複数の外食業態を組み合わせ、革新性と創造性を掛け合わせた成長を目指している。

※5 スタートアップ企業
独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創造し、既存市場に挑戦する成長速度の速い企業。

※6 オープンイノベーション
自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外からの技術やアイデア、サービスを有効に活用し、革新的なマーケットを創造すること。

※7 Tongali
東海地区の5つの国立大学(豊橋技術科学大学・名古屋工業大学・名古屋大学・岐阜大学・三重大学)の学生、大学院生、卒業生に対して積極的に新しい事業化にチャレンジするリーダー人材を輩出するために、アントレプレナーシップ教育を実施し、教育から育成・支援へと、新しい事業が持続的に創造されるように体系的な支援を行い、東海地区の産業の活性化、雇用の創出に貢献するとともに、グローバルなエコシステムの構築に取り組んでいる。

※8 Creww( https://creww.in/ )
国内最大級のスタートアップコミュニティを運営する企業。2012年の創業以来、約5年間で、スタートアップ企業と大企業による新規事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラムを約100社の大企業と実施し、約400件の協業を実現。これらの豊富なノウハウを活用し、スタートアップ企業を取り巻く環境の改善を提案することで、スタートアップ企業を中心としたコミュニティーを活性化し、日本経済の発展に貢献する。
DBJとCrewwは、2017年6月に新たな新規事業創出支援プログラムの構築を目的に業務提携を発表。DBJは、Crewwと連携し、2017年9月には、第1弾のプログラムとして、京都に拠点を置く企業4社とスタートアップ企業とのオープンイノベーションによる新規事業創出を目的としたプログラム「KYOTO OPEN ACCELERATOR」(京都オープンアクセラレーター)を開始。2018年2月に、京都企業4社と全国6社のスタートアップ企業との連携による新たな事業創出に向けた連携の開始を発表した。2018年6月には、第2弾のプログラムとして、神戸に拠点を置く企業2社とスタートアップ企業とのオープンイノベーションによる新規事業創出を目的としたプログラム「KOBE OPEN ACCELERATOR」(神戸オープンアクセラレーター)を開始している。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング