不二サッシのビル・住宅向け商品がグッドデザイン賞を受賞 今後のリフォーム展開/ファサードデザインに有望と高評価

@Press / 2018年10月3日 14時0分

不二サッシ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:吉田 勉)は、このたび公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2018年度グッドデザイン賞」において「FNS-II100R」、「アルビームカーテンウォール トランザムタイプ」の2商品が受賞いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/167375/LL_img_167375_1.jpg
アルビームシステム

《受賞商品『FNS-II100R』概要》
低酸素社会実現に向け、ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)及び、集合住宅向けのネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH-M)は、2030年までにCO2削減目標26%(2013年度比)を掲げています。
「FNS-II100R」はこれに対応するビル向けサッシとして開発した商品です。マンション、ビル建築に求められる高強度および高耐候性能を担う外部面をアルミ合金、高断熱性能を担う内部面を「樹脂カバー」とする「アルミ樹脂複合構造」を採用しました。
この「樹脂カバー」は経年によるサッシ強度への影響が全く無い構造としている一方、交換も可能であり、後のリフォーム、リノベーション時に、より一層快適な空間の提案を可能とした商品です。また、「FNS-II100R」は、高層マンション等、高層建築への対応も可能とした商品です。

<審査員の評価>
サッシ本体を解体することなく表面の樹脂部材が交換できるという施工性の良さが高く評価された。つまり、サッシを交換しなくても、窓の色を変更することができる。今後のリフォーム需要に向けてひとつの選択肢となりうる可能性がある。今後の広がりなどにも期待したい。

<商品仕様>
性能仕様(引違いの場合)
耐風圧性:S-6(2800Pa)、S-7(3600Pa)
気密性 :A-4(2等級線)
水密性 :W-5(500Pa)、1000Pa
遮音性 :T-2(30等級線)、T-3(35等級線)
断熱性能:H-6(1.90W/(m2・K))
販売開始:2019年3月(予定)


【受賞商品『アルビームカーテンウォール トランザムタイプ』概要】
『建材と照明を融合させる』という新しい考え方の元に、サッシやカーテンウォールといった外装建材にLED照明を内蔵し、光の意匠を加える商品シリーズ「アルビームシステム」。
「アルビームカーテンウォール トランザムタイプ」はこのアルビームシステムの新しいラインナップとして、株式会社遠藤照明、フィグラ株式会社の協力を得て開発しました。
カーテンウォールの無目部材にLED照明を内蔵し、光の出口に独自設計したレンズを装着し光の照射角度をコントロールします。また、レンズを変え、照射を変えることで、天井面、ガラス面、サッシフレームの三種類の演出を可能にしました。光源は屋内側にありながら、ビル外観意匠に光の演出を加える、新しいバリエーションとなります。

<審査員の評価>
カーテンウォールの無目部材にLED照明を内蔵して様々なファサードを実現する本製品は、ファサードデザインを劇的に変える力を持っている。特に、光源のレンズ技術によって三種類の演出が可能であるところは高く評価された。サッシ付近の天井やフレームの見え方の革新はすばらしく、カーテンウォールの透明ガラスの面がいよいよ面として輝くことができるとするならば、その効果は画期的だといえる。

<商品仕様>
無目内LED照明の仕様
LED照明の色温度 :単色LED照明:4000K,3000K
LED照明の消費電力:L=1200の場合27.2W 直流電源別置き

<販売開始> 2018年7月発売


【会社概要】
商号 : 不二サッシ株式会社
所在地 : 神奈川県川崎市幸区鹿島田1丁目1番2号 新川崎三井ビルディング
代表者 : 吉田 勉
設立 : 1969年5月1日
資本金 : 1,709百万円
事業内容: カーテンウォール、ビル用サッシ、各種アルミニウム製品
一般・産業廃棄物処理プラントの製造・販売・施工、他
URL : http://www.fujisash.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング