<開催報告>親子で楽しめる食イベント「アイスクリーム研究会」ご飯のお供がアイスに合う!?芸人お口直しタイムや消しゴムはんこも

@Press / 2018年10月23日 11時0分

オフィスながも株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:永盛 健之)は、今までにない新しいアイスクリームを提案し、親子で楽しめる食のイベント第2弾「アイスクリーム研究会」を2018年9月24日(月・祝)に、Share Space築地~ichigoen~にて開催しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168806/LL_img_168806_1.jpg
梅おかか海苔アイス


■アイスクリーム研究会 開催概要
<日時> 2018年9月24日(月・祝) 13:30~
<会場> Share Space築地~ichigoen~
所在地:〒104-0045
東京都中央区築地4-7-3 築地ファーストビル3階
(東京メトロ日比谷線 築地駅から徒歩4分)
<Facebook> https://www.facebook.com/ichigoen.tkj/
(Share Space築地~ichigoen~)
<コンテンツ>
・司会はアイスがなきゃ生きていけない芸人 タイーク金井
・お料理プロデューサー 吾妻 聖子、フードコーディネーター 廣瀬 綾子氏
考案の新作アイスクリームの試食対決
・コーヒー芸人 コーヒールンバ平岡のアイスに合うコーヒータイム
・フリースタイルアイスクリームタイム
・消しゴム版画イラストレーター とみこはん主催のはんこワークショップ


■イベントの様子
<第一部~お料理プロデューサー 吾妻 聖子考案の「明太しそレモンアイスクリーム」とフードコーディネーター 廣瀬 綾子氏考案の「梅おかか海苔アイスクリーム」の試食対決>
「アイスクリーム研究会」第一部では、当社のお料理プロデューサーで、働くママプロデューサーとしても活躍している吾妻 聖子考案の新作「明太しそレモンアイスクリーム」と、バラエティやドラマなど様々な分野で活躍しているフードコーディネーターの廣瀬 綾子氏が、今回のイベントのために考案した新作「梅おかか海苔アイスクリーム」を試食しました。明太子と細かく刻んだ大葉にレモン汁を加えた「明太しそレモンアイスクリーム」は、「お酒のつまみになる!」と大好評。叩いてなめらかにした梅干しにしょうゆと鰹節、そして海苔の佃煮を合わせたアイスクリームは、参加者から「梅のアクセントがバニラに合う!」などの感想が寄せられました。

<第二部~お口直しタイム>
第二部はゲストとして迎えた芸人さんに、お口直しタイムを作ってもらいました。コーヒールンバ平岡さんは、「アイスクリームに合うおいしいコーヒー」を提案。美味しいコーヒーの淹れ方を実演し、参加者も興味津々。アイスクリームにかけたりして、コーヒーを堪能した後、最後は子供も飲める「カスカラティー」をふるまいました。「カスカラティー」はコーヒーの豆の周りにある果肉や皮を乾燥させてつくる「コーヒーの紅茶」で、試飲した参加者は「今までのコーヒーと全く違う!」「コーヒーは苦手だけどこれなら飲める!」などと大好評でした。子供達も「アイスクリームに合う!」と大喜びでした。

<第三部~フリーアイスクリームバトル>
第三部は、参加者に会場の約60種のトッピングを自由に使って創作アイスクリームを作ってもらいました。おいしい組み合わせをピックアップして会場のみんなで共有するなど大いに盛り上がりました。
中にはパルメザンチーズとラムレーズンを合わせた人やキムチや納豆をトッピングした人も!さらに、何より好評だったのが、抹茶アイスにコチュジャンを合わせたもの。大人だけでなく、子供達も「美味しい!今日の一番!」と絶賛でした。

大人も子供も大いに盛り上がれるよう、消しゴム版画イラストレーターの「とみこはん」と消しゴムはんこで遊ぶことができるスペースを作りました。アイスクリームのほかに、好きな色をつけた消しゴムはんこでコースターを作ったりと、子供たちも大満足でした。

今後も働くママプロデューサー 吾妻 聖子を中心に、「食で親子の笑顔を作る」をテーマに、さまざまな食イベントを実施していく予定です。今後は「たこ焼き」や「白玉」などを予定しています。


・フードコーディネーター廣瀬綾子氏考案の「梅おかか海苔アイス」
https://www.atpress.ne.jp/releases/168806/img_168806_1.jpg
・料理プロデューサー吾妻聖子考案の「明太しそレモンアイス」
https://www.atpress.ne.jp/releases/168806/img_168806_2.jpg
・トッピング
https://www.atpress.ne.jp/releases/168806/img_168806_3.jpg
・「とみこはん」による消しゴムはんこワークショップ
https://www.atpress.ne.jp/releases/168806/img_168806_4.jpg
・会場の様子
https://www.atpress.ne.jp/releases/168806/img_168806_5.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/168806/img_168806_6.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/168806/img_168806_7.jpg
・一番人気だった「抹茶コチュジャンアイスクリーム」(ほうじ茶パウダーがけ)
https://www.atpress.ne.jp/releases/168806/img_168806_8.png


■主催者プロフィール
<吾妻 聖子(オフィスながも所属)>
番組・映像制作を行うオフィスながも株式会社(所在地:東京都港区)で執行役員を務める。子育てをしながらテレビ番組の制作プロデューサーとして、旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。現在は、料理番組プロデュースのほか料理レシピの開発アドバイザーも手掛けている。おおらかで明るい性格のキャラクターから、「ママP(プロデューサー)」の裏ネームも。WEBメディア『日本全国お取り寄せ手帖』にて連載中。

日本全国お取り寄せ手帖
『なにわのママP 吾妻 聖子の“おいしあわせ”を探せ』
https://www.otoriyosetecho.jp/column/azumaseiko/

<とみこはん(オフィスながも所属)>
群馬県出身。食べ物や人物をモチーフにした消しゴムはんこイラストで雑誌、書籍、テレビなどで幅広く活動中。ワークショップ講師として、国内外で消しゴムはんこの魅力を伝えている。著書に「使いたくなる消しゴムはんこ 毎日がホリデー(彫りday)」(小学館クリエイティブ)、「とみこのはんこ-手軽に彫っていろいろぺたぺた。消しゴムはんこで作る自分だけの雑貨たち」(河出書房新社)がある。ブッス!手芸部部員。

WEBサイト: http://www.tomikohan.com/


■会社概要
商号 : オフィスながも株式会社
代表者 : 代表取締役 永盛 健之
所在地 : 〒105-0003 東京都港区西新橋3-15-3 上地ビル4階
URL : http://nagamo.jp
設立 : 2015年9月
資本金 : 500万円
事業内容: テレビ、ビデオ等の映像媒体の企画・制作・編集・販売、
国内・海外ロケコーディネーション、
タレント・文化人マネージメント、キャスティング、
イベント企画・制作、飲食業、労働者派遣事業、
不動産の売買・交換・貸借及び、
その仲介並びに所有・管理及び利用


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング