業界初!魚の旨味たっぷりの「干物鍋」を提供 干物専門店「銀座伴助」にて骨を取り除いた高級干物だからこそ美味!

@Press / 2018年10月24日 10時0分

神奈川県内で飲食16店を展開する株式会社若竹(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:田口 優英)は、創業63年を誇る上質なブランド干物「伴助」の旗艦店「高級ブランド干物『銀座伴助』銀座本店」にて、今年の秋・冬メニューとして業界初の「干物鍋」を10月4日から提供スタートしました。当店の干物は職人が骨を1本ずつ丁寧に取り除き、身の厚い魚を厳選使用しているので、鍋で煮込んでも煮くずれせず、凝縮された濃厚な旨味を堪能できるのが特徴です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168903/LL_img_168903_1.jpg
縞ホッケと赤魚の干物に、鶏肉・豚肉・野菜類がたっぷり入ったアツアツの「干物鍋」
https://www.atpress.ne.jp/releases/168903/img_168903_1.jpg
▲縞ホッケと赤魚の干物に、鶏肉・豚肉・野菜類がたっぷり入ったアツアツの「干物鍋」


【「干物鍋」概要】
商品名:骨取り干物 絶品だしちゃんこ
価格 :4,500円(2人前)(税別)
鍋料理にも合う当店の縞ホッケと赤魚の干物を、1つの鍋に半身ずつたっぷりと使用。干物自体にしっかりと旨味が閉じ込められているので、お鍋に入れると凝縮された干物の旨味がだし汁に広がり、絶妙な味わい。当店の干物はあらかじめ骨を取り除いているので食べやすく、身の厚い魚を厳選使用しているので、煮込んでも煮くずれせずにふっくらした食感です。岩手県岩中豚バラ肉や宮崎県日向鶏もも肉、白菜・春菊・椎茸・焼豆腐・つみれ・油揚げ・しらたき・長ネギなども使用したボリューム満点のちゃんこ鍋。具材の追加オーダーもでき、お好みで雑炊やうどんなどで〆ます。2019年2月末まで提供予定。

・「干物鍋」を味わえる「忘年会&新年会 飲み放題付きプラン」
A、絶品だしちゃんこ骨取り干物鍋+特大とろさば開きコース
2時間お一人様6,000円
B、絶品だしちゃんこ骨取り干物鍋+特大とろきんき開きコース
2時間お一人様7,000円
C、絶品だしちゃんこ骨取り干物鍋+特大のどくろ開きコース
3時間お一人様8,000円
*価格は税抜き

https://www.atpress.ne.jp/releases/168903/img_168903_5.jpg
▲全国各地の日本酒も豊富に用意


【魚醤入りの秘伝のタレで調味!「伴助」の干物の特徴】
干物の製造販売を手がける老舗「伴助」では、10年以上の熟練の目利きが干物を製造しています。魚は開く時、両面に骨が乗るように背骨の真ん中からカットしているのがポイント。干物として焼いて味わう時に、両面とも味わい・焼き加減にムラが出ないように工夫しているのです。それらを魚醤やホタテエキスなどを隠し味に使った創業以来からの秘伝のタレに漬け込んで味付けします。

その後、乾燥工程では“2段階高温熟成法”を採用。最初に緩やかな高温にあてることで、干物表面に膜を作り、身の部分の保湿効果を高め、魚の旨味を凝縮。さらに冷風で締めて、身の中で旨味をじっくり熟成させてから、最後に再び高温の強い風をあててパリッと美しいツヤのあめ色干物に仕上げています。魚の種類やサイズにより、こまめに乾燥時間を調整します。


【年末・年始の贈答用にもオススメ】
「伴助」ブランドのこだわりを象徴する焼印を入れた高級干物は、これからの季節に贈答用としても人気です。中でも木箱入りの「焼印・帯干物詰合せE」はシマホッケ、サバ、キンキ、のど黒の贅沢なセット。店舗やオンラインショップでご注文いただけます。

*「伴助」オンラインショップ
https://ginza-bansuke.shop-pro.jp/


贈答用イメージ:
https://www.atpress.ne.jp/releases/168903/img_168903_4.jpg

伴助オリジナル焼印:
https://www.atpress.ne.jp/releases/168903/img_168903_6.jpg

▲「伴助」ブランドの証である焼印を入れた
「焼印・帯干物詰合せE」11,800円(税込12,744円)


【『銀座伴助』店舗データ】
正式店名 : 高級ブランド干物『銀座伴助』銀座本店
所在地 : 東京都中央区銀座5丁目14番8号
アクセス : 東京メトロ日比谷線 東銀座駅4番出口より徒歩1分
営業時間 : (物販)月~日 11:00~23:00
(飲食)月~金 ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
土日祝 ランチ 11:00~17:00
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 : なし
規模 : カウンター 8席 テーブル 30席 座敷 28席 個室 12席
平均客単価 : 昼1,500円、夜8,000円
ホームページ: http://ginza-bansuke.tokyo/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング