『阪神甲子園球場カレンダー2019』10月26日(金)発売~四季折々が魅せる甲子園球場の表情をこの一冊に~

@Press / 2018年10月19日 16時15分

株式会社阪神コンテンツリンク(本社:大阪市、社長:北口正人。阪神電気鉄道株式会社100%出資)は、阪神甲子園球場の協力の下、春夏の高校野球大会の開催地で、阪神タイガースの本拠地球場である「阪神甲子園球場」を題材とした『阪神甲子園球場カレンダー2019』を10月26日(金)から発売します。
今回のカレンダーは、この夏大変な盛り上がりを見せた第100回全国高校野球選手権記念大会の写真はもちろんのこと、名物のジェット風船上げや雪景色のグラウンド、紅葉に彩られた外観など、月ごとに変わる球場の豊かな表情を掲載しているほか、一部のファンしか観ることができないお正月の球場の様子や、普段は入ることができないベンチの風景など、‘阪神甲子園球場’の様々な魅力を存分に感じられる内容となっています。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169037/img_169037_1.jpg
■商品概要
名称 :『阪神甲子園球場カレンダー2019』
仕様 :A2サイズ/13枚綴り(壁掛けタイプ)
価格 :1,500円(税込み)
発売元:株式会社阪神コンテンツリンク
※阪神甲子園球場商品化許諾済
発売日:10月26日(金)

■発売場所
阪神甲子園球場オフィシャルオンラインショップ
http://bit.ly/202z41I
阪神コンテンツリンクオンラインショップ
http://bit.ly/1GYeDqV
阪神甲子園球場スタジアムショップ
全国の主要書店ほか

<会社概要>
株式会社阪神コンテンツリンク HANSHIN CONTENTS LINK CORPORATION
本社所在地 大阪市福島区海老江1丁目1番31号 阪神野田センタービル10F
設立年月日 1989年9月1日(2002年4月1日に社名変更)
資本金 230,000千円(阪神電気鉄道株式会社 100%出資)
代表者 代表取締役社長 北口 正人
事業内容
(1)コンテンツ事業
・商品企画制作事業(鉄道グッズ、スポーツ大会記念グッズ等)
・阪神タイガース試合中継番組制作
・阪神タイガース公式スマホ携帯サイト運営ほか
・映像制作、CD制作、音楽出版事業
・販促企画立案・運営
・広告代理店業務
(2)音楽ビジネス事業
・Billboard事業
・音楽イベントの企画・制作
・ソウルバードミュージックスクール経営
(3)広告メディア事業
・広告媒体販売(交通広告・球場広告)
(4)サイン制作事業


株式会社阪神コンテンツリンク http://bit.ly/2gEqb1p

リリース http://bit.ly/2CokLAp

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング