伊・リキュール『ディサローノ』限定ボトルを11月発売 ファッションブランド「トラサルディ」とのコラボレーション

@Press / 2018年10月25日 17時0分

ディサローノ(輸入元:モンテ物産株式会社/本社:東京都渋谷区神宮前)は、イタリアファッションブランドの「トラサルディ」とのコラボレーション、リミテッド・エディションを2018年11月1日に発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169376/LL_img_169376_1.jpg
Disaronno Wears Trussardi

2018年のイヤーエンドパーティに、ディサローノは新しい限定ボトル「Disaronno Wears Trussardi」で登場します。イタリアンライフスタイルを象徴するブランドを選りすぐり、2018年もまた、個性的なボトルを仕上げました。
二つのブランドをひとつに結びつけているバリューは、伝統と刷新、そしてイタリアのエレガンスです。これらのバリューは限定ボトルのなかに形作られています。トラサルディを象徴するテクスチャーがグレイハウンドのモノグラムと解け合い、ディサローノの特徴的なボトルフォルム、そして筆で描いたようなフクシア、グリーン、ブルーのカラー、これらが相俟ってモダンで現代的な仕上がりとなっています。
新作「Disaronno Wears Trussardi」は、スタイルを重んじる方への最適なギフトになるでしょう。このボトルはパーティには欠かせない主役です。あなたのインテリアにカラフルなアクセントを加えて独自の空間を作り上げてくれます。しかし何にもまして、お友達と共に過ごすパーフェクトな時間に、極上の品質を味わうために欠かせない逸品です。
「Disaronno Wears Trussardi」は、ディサローノ・アイコン・プロジェクトの リミテッド・エディション第6弾として登場。毎年イタリアファッション界の最重要ブランドとのコラボレーションを楽しむことができます。


■Disaronno Wears Trussardi
ミラノの街のモダンで現代的な側面を表すストリートの壁画や落書きなどのストリートアートからインスピレーションを得てデザインされました。フクシア、グリーン、ブルーの影に現れるイタリアンライフスタイルカンパニー「トラサルディ」のエンブレム、グレイハウンドが現代的なポップアートさながらに、トラサルディのスタイルを象徴しています。


■TRUSSARDI
トラサルディはダンテ・トラサルディにより高級革製手袋のブランドとして1911年ベルガモに設立。創成期より謙虚な哲学、実践と革新を是とし、厳選された最高品質のレザーと、縫製の難しい柔らかな素材を美しく仕上げる最高レベルの職人技術により、TRUSSARDIのレザーグローブは瞬く間にヨーロッパ中へと広がっていきました。1980年代には初めてのウィメンズ・メンズのコレクションを発表。以降イタリアを代表するノーブルライフスタイルブランドとして人気を集めています。日本では、2017年にトラサルディ・ジャパンを改めて設立。2018年夏にトラサルディオンラインストアを開設、また2018コレクションを有名百貨店のPOP-UPストアで展開しています。


■DISARONNO
ディサローノは、世界で愛されるイタリアン・リキュール。アンズの種子(杏仁)、スパイス、ハーブなどから作られるリキュール。アーモンドや杏仁豆腐を思わせる、甘い豊かな香りと奥深い味わいは多くの人を魅了しています。その起源は1525年サローノの町の教会にフレスコ画を描くためにやってきたレオナルド・ダ・ヴィンチの弟子が、宿屋の女主人をモデルにフレスコ画を描き、彼女が感謝の印にその画家に贈った香り豊かなリキュール。20世紀初頭に、この女主人のレシピを受け継いだレイナ家のドメニコが「Disaronno」をつくり、それが世界に広まり、現在では160カ国以上で愛されています。


【商品概要】
商品名 :ディサローノ・アマレット トラサルディ・ボトル
内容量 :700ml/50ml
アルコール度数:28度
価格 :オープン価格


■モンテ物産株式会社 会社概要
創業1977年 イタリア食材・イタリアワインの専門商社。創業以来、イタリア一筋に、イタリア全土から多様なワイン、リキュールやグラッパを取り扱うほか、パスタ、オリーブオイル、トマト、各種サラミなど本物のイタリアの味を日本にお届けしています。

本社所在地 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目52番2号 青山オーバルビル
ホームページ: http://www.montebussan.co.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/montebussan/


■本件に関するお客様からのお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-348-566
(土・日・祝を除く9:00~12:00、13:00~17:30)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング