イタリア×姫路、2種の革と日本の革職人の技術が生んだ東京発レザーブランド「Cortello」誕生

@Press / 2018年11月13日 10時0分

株式会社ペンギンライター(本社:東京都台東区、代表取締役社長:張替 克行)は、永きにわたり製造メーカーとして、日本の職人の技術を生かしたものづくりを得意としてきましたが、今回新たなジャンルへの第一歩として、レザーブランド「Cortello(コルテロ)」を立ち上げました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/170636/LL_img_170636_1.jpg
Cortello Lラインマルチウォレット

「Cortello」は「より信頼のあるものを、より喜ばれるものを。」をコンセプトに企画したレザープロダクトブランドです。厳選したイタリアンレザーと姫路レザーの2種類の異なる革を使用し、日本の革職人の技術でつくり込んでいます。財布やカードケース、キーホルダーなど全10種類を発売いたしました。

URL: http://cortello.jp/


【「Cortello」の特長】
1. 2種類の革を使用
イタリア・テンペスティ社の「エルバマットTEXAS(テキサス)」と姫路レザー「オイルダコタ」の2種類の革を使用しています。「エルバマットTEXAS」とは、革の表面をバフィングして独特の雰囲気を醸し出すレザーです。

2. 便利な機能
例えばコンパクトなデザインながら、お札、小銭、カード、鍵を収納できるLラインマルチウォレットには、表面に大きめのフリーポケットを設けました。よく使用する交通系のカードなどを収納することができます。またキーチェーンに鍵を装着すれば、スムーズに出し入れすることもできます。ファスナー付きの小銭入れなので、中でコインが飛び出す心配もありません。カードを入れる帯は、ゴム仕様になっているのでカードを数枚収納できます。

3. 日本の職人の巧みな技
今回使用している革「イタリア・テンペスティ」は、オイル量が通常の革より1.5~2倍多く使われていて、非常にデリケートな革です。またあえて2種類の革を使うことは、非常に手間のかかる仕事です。2種類の革は、それぞれ肉厚・柔らかさなどの特徴が異なり、それを重ねてミシンで縫製するのは、非常に注意力と技術が必要な仕事です。


【Cortello代表アイテム概要】
名称 : Lラインマルチウォレット(L字ファスナー多機能財布)
販売開始日: 2018年10月1日
販売料金 : 12,960円(税込)
サイズ : 縦112mm×横94mm×幅16mm
カラー : ブラック/ブラック・グレー/ブラック
URL : http://www.cortello.jp/

その他のラインナップは下記カタログに記載しています。
カタログ : https://www.atpress.ne.jp/releases/170636/att_170636_1.pdf


【会社概要】
商号 : 株式会社ペンギンライター
代表者 : 代表取締役社長 張替 克行
所在地 : 〒111-0042 東京都台東区寿3-16-12
設立 : 1953年3月
事業内容: 喫煙具関連商品の企画・製造・加工・販売・輸出入
資本金 : 1,200万円
URL : http://www.cortello.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング