2019年ゴールデンウィーク、主婦の49.3%は楽しみではない。理由は「家事・炊事が増える」から

@Press / 2019年2月27日 11時0分

株式会社ドゥ・ハウスは、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートlight』を利用し、20代~70代を対象に「2019年ゴールデンウィーク」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2019年01月11日(金) ~ 2019年01月14日(月)。有効回答は900人から得ました。
下記より、詳細データをダウンロードすることが可能です。
https://www.dohouse.co.jp/datacolle/rs20190227/

■ 調査サマリ
●2019年のゴールデンウィーク、土日が休日でない人の65.7%が「全く楽しみでない」「あまり楽しみでない」。理由は「休日じゃないから(55.8%)」「車が渋滞するから(21.3%)」が上位となる。
●主婦の半数近くの49.3%の人も2019年のゴールデンウィークを「楽しみにしていない」。理由は、「家事・炊事が大変(54.1%)」「渋滞する(27.0%)」「散財してしまう(21.6%)」がトップ3となる。
●ゴールデンウィーク中の食事は、「外食する」が最も高く70.9%。「お惣菜・お弁当などが増える」と予想する人は24.8%になる。
●ゴールデンウィーク、大多数はインドア・近場で過ごす予定。「自宅でゆっくりする(47.2%)」が最も多く、次いで「家事をする(22.3%)」「ショッピングをする(19.7%)」「日帰り旅行(18.6%)」となる。

■ 2019年のゴールデンウィーク、土日が休日でない人の65.7%が「全く楽しみでない」「あまり楽しみでない」。理由は「休日じゃない」「渋滞する」が上位
10連休になるといわれている2019年のゴールデンウィークについて、楽しみにしているか聞きました。以下、勤務形態別に結果を見てみます。


土日休みの人は、43.0%の人が「とても楽しみ」「やや楽しみ」と回答しています(図1)。

【図1】2019年のゴールデンウィークに対する気持ち(単一回答・n=900)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/177896/img_177896_1.png

また土日休みの人が楽しみという理由として「リフレッシュできるから(64.3%)」「自分のしたいことができるから(41.9%)」「旅行に行けるから(35.7%)」がトップ3となりました(図2)。

【図2】2019年のゴールデンウィークが楽しみな理由(複数回答・n=212)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/177896/img_177896_2.png

しかし土日が休日でない人は65.7%の人が「全く楽しみでない」「あまり楽しみでない」と回答しています(図1)。楽しみでない理由として「休日じゃないから(55.8%)」「車が渋滞するから(21.3%)」が上位にきており、ゴールデンウィークでも普段と変わらない、もしくは普段よりも渋滞という不便が発生するであろうことから楽しみにしていないようです(図3)。

【図3】2019年のゴールデンウィークが楽しみではない理由(複数回答・n=424)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/177896/img_177896_3.png

■ 主婦の49.3%が2019年のゴールデンウィークを楽しみにしていない。理由は、「家事・炊事の増加」「渋滞」「散財」が上位にくる
そして、主婦も半数近くの49.3%の人が「全く楽しみでない」「あまり楽しみでない」と回答しています(図1)。その理由を見てみると、「家事・炊事が大変だから(54.1%)」「車が渋滞するから(27.0%)」「散財してしまうから(21.6%)」「休日じゃないから(20.3%)」が上位に来ています(図3)。10連休により家族が家にいる時間が長くなり、家での食事の回数が増えることなどによる家事の増加を懸念しているようです。10連休も主婦にとっては全く「休日じゃない」ようです。また家計を管理している立場から、散財することも懸念しているようです。


■ ゴールデンウィーク中の食事、「外食する」が70.9%、「お惣菜・お弁当などが増える」は24.8%
2019年はゴールデンウィークが10連休となるため、食事の仕方も普段と変わることが予測されます。そこで、2019年のゴールデンウィークの食事傾向はどのようになると思うか聞きました。「分からない」と回答した人を除く436名で見ると、「外食をする」と予想している人が70.9%、「お惣菜・弁当などが増える」と回答した人は24.8%となりました(図4)。背景には、外出・レジャーなどで普段と行動パターンが変わることや、外食すること自体をゴールデンウィークの楽しみとしていることなどが考えられます。また、外食することで家事の負荷の軽減しようという思いや、長い休み期間のメニューのマンネリ化などを防ぎたいという思いもあるしれません。

【図4】2019年のゴールデンウィーク中の食事予想(複数回答・n=436)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/177896/img_177896_4.png

■ ゴールデンウィーク、大多数はインドア・近場で過ごす予定。「自宅でゆっくりする」が最も多い47.2%。
ゴールデンウィーク中の予定についても聞いたところ、未定と回答した人を除く528人で見ると「自宅でゆっくりする(47.2%)」が最も多い結果となり、次いで「家事をする(掃除・整理整頓など)(22.3%)」が続きます。普段できていない家事などをする人が多いのかもしれません(図5)。
以降「ショッピングをする(19.7%)」「日帰り旅行(温泉など)(18.6%)」「国内旅行(宿泊を伴う)(18.4%)」と続きます。海外旅行に行く人も多いようですが、近場で過ごしたり・国内の旅行に行ったりする予定の人の方が多いようです。

【図5】2019年のゴールデンウィークの予定(複数回答・n=528)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/177896/img_177896_5.png

■ 調査項目
勤務形態
同居家族
2019年のGW(ゴールデンウィーク)の休日数
2019年のGW(ゴールデンウィーク)が10連休になることについてどう感じるか
楽しみな理由 ・ 楽しみでない理由
2019年のGW(ゴールデンウィーク)の予定
2019年のGW(ゴールデンウィーク)に行く、旅行費用
2019年のGW(ゴールデンウィーク)にショッピングする際に購入したいもの
2019年のGW(ゴールデンウィーク)のショッピングの予算
「こどもの日」にお子様のために買うもの
2019年のGW(ゴールデンウィーク)での食事傾向
新元号に変わる時あなたは何をして過ごしたいか

■ 会社概要
国内・海外でマーケティング事業を展開し、生活と流通の2つのマーケティングフィールドに対する、クチコミプロモーション及び定性リサーチを実施しています。
会社名 :株式会社ドゥ・ハウス https://www.dohouse.co.jp/
設立 :1980年7月7日
代表者 :代表取締役社長 高栖 祐介



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング