日本初!台湾・東南アジア アプリDL数最大ECモール「Shopee」を活用した4カ国以上の越境EC参入サービスを正式リリース 2019

@Press / 2019年7月1日 14時0分

トゥルーコンサルティング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:萱沼 真吾)は、日本企業で初めて東南アジア アプリダウンロード数NO.1モール「Shopee」を活用した越境EC参入サービスをリリースいたしました。
※4カ国対応&現地ECコンサルティグが付加されたサービスが日本初
※対象国 台湾、シンガポール、タイ、インドネシア(2019年6月現在)
※タイ、インドネシアは7月開始予定

日本初※!東南アジア アプリダウンロード数NO.1モール「Shopee」を活用した越境EC参入サービス
http://true-global-ec.com/shopee/
※当社調べ

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187197/LL_img_187197_1.png
東南アジア越境ECサービス

【本サービスについて】
現在の日本のECの成長率は、前年対比110%と過去ほどの勢いがなくなっており、今後は越境ECなど、海外進出は必至です。このような状況下、東南アジアは非常に重要なマーケットであり、特にEC事業の成長が著しい分野でもあります。2020年には東南アジアECマーケットは7兆円に達するとの見込みもあり、台湾ECマーケットも日本の20~25%の規模があります。まず、日系企業が同マーケットで結果を出すためには、台湾・東南アジア各国でマーケットシェアNO.1のECモールを活用するのは必須であり、かつ、現地法人&現地銀行口座がなくても展開可能であることがベストです。現時点、Shopeeは7カ国以上に展開し、そのほとんどの国でアプリダウンロード数NO.1モールとしてのポジションを確保している急拡大のECマーケットプレイスです。
今回、TRUEコンサルティングは、Shopee(ショピー)でのグローバルID契約を結び、台湾・シンガポールからはじまるタイ、インドネシアでの越境ECでの参入を可能にしました。
しかも、出品形式の場合、初期費0円から月額が数万円の運営経費にて参入&運営を可能にし、日本から東南アジアへの物流も経験がなくても有利な物流体制を提供、さらに、問い合わせ台湾・各東南アジアのチャット対応の仕組みも構築いたしました。
近くて成長力が高い6億人マーケットの東南アジアへ進出にて、最もスピーディーに、最も低コストで、4カ国以上への多国展開ができ、最も成長性の高いチャネルを日本の中小企業様へご提供していくことになりました。


<TRUE提供:東南アジア アプリダウンロードNO.1ECモール「Shopee」サービスの特徴>
(1)圧倒的な低コスト:初期費0円、月額運営費5.8万円から
(2)人員追加ゼロ、海外経験ゼロでOK
(3)東南アジア主要4カ国へ同時展開可能(まずはシンガポール&台湾市場から)
(4)TRUE優遇措置あり:タイムセール参加、モール内部広告運用
(5)海外への低コスト物流を活用できる:専門知識がなくても対応可能

通常では参入が難しい海外ECモールが可能になるだけでなく、独自の運営体制・物流体制を活用していただくことにより、人員を増やすことなく、東南アジアのメインECチャネルにチャレンジ可能です。


【説明会・資料請求の概要】
■開催日 :2019年7月から毎月3社様へ参入相談会実施
■資料請求:Shopee、東南アジアサービスについての資料をご用意しております
※同業他社、プレイヤー以外はお断りすることがございます。ご了承ください。

下記サイト、お電話にてお問合せください
http://true-global-ec.com/shopee/
03-3260-5011(平日のみ 9:30~17:00)


■会社概要
商号 :トゥルーコンサルティング株式会社
代表者:代表取締役 萱沼 真吾
所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6-10 神楽坂 秋山ビル5F
URL :コーポレート http://www.top1-consulting.com/
越境EC.COM http://true-global-ec.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング