マンダリン オリエンタル 東京 最上階38階のイタリアンダイニング「ケシキ」新料理長就任 モダンかつ繊細にアレンジした、伝統的なイタリア料理を提供

@Press / 2019年7月3日 11時0分

「マンダリン オリエンタル 東京」(東京都中央区日本橋室町、運営:マンダリン・オリエンタル東京株式会社、総支配人:ポール ジョーンズ)は、最上階38階のイタリアンダイニング「ケシキ」の料理長にダビデ ディディオ(Davide Di Dio)が就任したことをお知らせします。イタリア・ナポリ出身の料理長ダビデは、グローバルな環境の中で世界屈指のシェフのもと積んだ経験を、幼少期の食体験に織り交ぜ、イタリアンクラシックを根底にモダンかつ繊細にアレンジしたお料理をご提供いたします。

料理長ダビデは、イタリアのノルチネーリア(生ハムサラミ類専門販売店)の巨匠のもとでキャリアをスタートさせ、イギリス・ロンドンの「スプーン(SPOON)」やフランスの「コローニュ=オー=モン=ドール(COLLONGES AU MONT D'OR)」、さらにはスペインの「エル・ブジ(El Bulli)」でも修行を行うなど、世界屈指のシェフのもとで経験を積みました。日本やオーストラリアでも料理の知識と技術を磨き、その後パルマにて約8年間シェフ兼経営者としてイタリアンレストランを運営いたしました。2014年にマンダリン オリエンタル 東京に入社し、イタリアンダイニング「ケシキ」にて貢献した後、『ミシュランガイド東京』創刊時より12年間連続で1つ星を獲得するフレンチダイニング「シグネチャー」にて副料理長として活躍いたしました。
そしてこのたび、その功績が認められ、「ケシキ」の料理長に就任し、自身のルーツに戻り、その多彩な経験を活かした、料理長ダビデスタイルの伝統的なイタリア料理をご提供します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187402/LL_img_187402_1.jpg
料理長ダビデ

■代表的なメニュー
・エルバッツォーネ
https://www.atpress.ne.jp/releases/187402/img_187402_2.jpg
・鰯のマリネ 茄子のカポナータ オレンジ ヴィネグレット
https://www.atpress.ne.jp/releases/187402/img_187402_3.jpg
・レジネッタパスタ トマトソース バジルクリーム ンドゥヤサラミ風味のリコッタチーズ
https://www.atpress.ne.jp/releases/187402/img_187402_4.jpg
・シーフードリゾット 帆立 蛤 海老入り
https://www.atpress.ne.jp/releases/187402/img_187402_5.jpg
・豚バラ肉のコンフィ
https://www.atpress.ne.jp/releases/187402/img_187402_6.jpg
・鯛のブレゼ ハーブクラスト フェンネル サフランソース
https://www.atpress.ne.jp/releases/187402/img_187402_7.jpg
・メリンガータ
https://www.atpress.ne.jp/releases/187402/img_187402_8.jpg


■38階 イタリアンダイニング「ケシキ」
時間:ランチ 11:30am - 5:30pm
ディナー 5:30pm - 11:30pm(10:30pm L.O.)
※ブレックファスト 6:30am - 10:30am

お問い合わせは、マンダリン オリエンタル 東京 0120-806-823 (レストラン総合予約) またはEメール motyo-fbres@mohg.com にて承ります。

FACEBOOK :Mandarin Oriental, Tokyo
INSTAGRAM:mo_tokyo
# MOTYO_K'shiki
# MOTYO_ケシキ


■「マンダリン オリエンタル 東京」とは( http://mandarinoriental.co.jp/tokyo )
マンダリン オリエンタル日本初のホテルとして、2005年12月2日、東京日本橋に開業しました。グループの理念「センス・オブ・プレイス=立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」をハード面はもちろんソフト面でも実現。館内デザインには「森と水=日本の自然」をモチーフに和の趣を取り入れ、スタイリッシュな中にも安らぎに満ちたラグジュアリーな空間を作り出しています。38階建の日本橋三井タワー高層階に位置するゲストルームは全179室。50m2以上のゆとりあるスペースに最先端のITを取り入れ、すべてのゲストルームから東京を眼下に見渡す眺望をお楽しみいただけます。
館内には、充実した施設と数々の受賞歴を誇る直営スパ、12の料飲施設、グランドボールルーム(1)、バンケットルーム(4)、ミーティングルーム(6)、チャペルなどを完備しています。開業以来数々の世界的な賞やランキングに輝いていますが、主なものとして以下があげられます。

2019年、5年連続で米国の格付け会社『フォーブス・トラベルガイド』より、「ホテル部門」・「スパ部門」共に最高評価の5つ星を獲得。
2019年、『ゴ・エ・ミヨ2019』にて2年連続で「素晴らしいレストラン」を評価する3トック獲得(フレンチファインダイニング シグネチャー)。
2018年、『ミシュランガイド東京2019』にて創刊より12年連続1つ星評価(フレンチファインダイニング シグネチャー)。
2018年、『ミシュランガイド東京2019』にて6年連続1つ星評価(広東料理 センス)。
2018年、『ミシュランガイド東京2019』にて5年連続1つ星評価(タパス モラキュラーバー)。
2018年、『ミシュランガイド東京2019』にて2年連続ビブグルマン評価(ピッツァバー on 38th)。
2018年、『ミシュランガイド東京2019』にて創刊より12年連続「5レッドパビリオン(ホテル格付最高ランク)」評価。
2018年、『ガンベロロッソ』より、『世界のトップイタリアンレストラン 2019』にてピッツェリア部門2スライスを受賞(ピッツァバー on 38th)。
2018年、『フォーブス・トラベルガイド ヴェリファイド リスト』にて「2018 モースト・ラグジュアリー・スパ」に選定。


■「マンダリン オリエンタル ホテル グループ」とは( http://mandarinoriental.com )
数々の権威ある賞に輝くマンダリン オリエンタル ホテル グループは、世界で最もラグジュアリーなホテル、リゾート、レジデンスを展開しています。アジアをルーツにグローバルブランドへと成長を続け、現在23カ国・地域において、オリエンタルヘリテージと「センス・オブ・プレイス=立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」を表現する32のホテルと6のレジデンスを運営しています。マンダリン オリエンタルは、今後もホテルやレジデンスの開発を計画しています。マンダリン オリエンタルは、ジャーディン・マセソン・グループの傘下に属します。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング