「従来の日焼け止めでは肌荒れをしてしまう!」SOSから生まれた敏感肌専用・日焼け止め『やさしいUVカットミルク』お試しセットを7/30販売開始

@Press / 2019年7月30日 10時30分

ユーザーと共に商品開発を行う化粧品メーカー・株式会社アースケア(所在地:大阪府豊中市、代表取締役社長:井上 龍弥)は、「従来の日焼け止めでは肌荒れをしてしまう」という敏感肌の方の声から開発した、肌にやさしい日焼け止め『やさしいUVカットミルク』のお試しセットを、初めて使われる方に向け、7月30日(火)に販売を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189024/LL_img_189024_1.jpg
敏感肌のためにうまれた肌にやさしい日焼け止め

<商品概要>
商品名 : やさしいUVカットミルク
価格 : 25g 2,700円(税込)
2g 3枚入りお試しセット 540円(税込)
特設販売サイト: https://www.earthcare-net.com/lp-uv-02/


<ブランドストーリー>
●はじまりは、紫外線対策に悩むユーザーの声
「紫外線が肌に悪いことは、分かっています。でも、私は敏感肌です。使える日焼け止めがありません」
そんなユーザーの声が、商品開発のきっかけでした。

敏感肌の場合、日焼け止めを塗ると、
・ヒリヒリする
・乾燥する
・かゆみがでる
などの肌トラブルに見舞われる人が、意外に多いのです。

「肌にやさしくて、きちんと紫外線対策ができる日焼け止めが欲しい!」
そんな切実な願いをかなえるために、化粧品メーカー・アースケアは、敏感肌専用・日焼け止めの研究と開発を始めました。

●「敏感肌専用・日焼け止め」5つの条件
「敏感肌に負担をかけず、紫外線はしっかり防ぐ。そんな日焼け止めには、5つの条件がある」
何十回と試作品をつくり、テストを繰り返した結果、アースケアは、この事実にたどり着きました。
『やさしいUVカットミルク』は、この5つの条件を満たした日焼け止めです。


<「敏感肌専用・日焼け止め」5つの条件>
1. SPF値が25~30
2. PA++
3. ウォータープルーフ機能が必須
4. 紫外線散乱剤だけを配合
5. クリーム(ミルク)タイプ

●条件【1】SPF値が25~30
実は、SPF30以上になると、紫外線カット効果の違いはほとんどありません。
それだけではなく、SPFが高くなればなるほど、肌への負担は大きくなります。
【SPF25~30】が、「紫外線カット効果」と「肌へのやさしさ」を両立する値です。

●条件【2】PA++
SPFと同様に、PAの値も、高くなればなるほど、肌への負担が大きくなります。
効果と肌への悪影響のバランスをとると、敏感肌には、PA++が適しています。

●条件【3】ウォータープルーフ機能が必須
どんなに紫外線カット効果のある日焼け止めも、汗や水で落ちてしまっては、紫外線のダメージを受けてしまいます。最近人気の「お湯で落ちる」タイプの日焼け止めも、実は、肌を危険にさらすことに。敏感肌の日焼け止めには、ウォータープルーフ機能が必須です。

●条件【4】紫外線散乱剤だけを配合
最近は、紫外線吸収剤と散乱剤の両方を配合した日焼け止めが主流です。しかし、吸収剤は肌に刺激を与えやすく、それがかゆみやヒリヒリの原因となるケースもあります。敏感肌を守るなら、紫外線散乱剤100%使用の日焼け止めが必要です。

●条件【5】クリーム(ミルク)タイプ
ローションやスプレータイプの場合、紫外線カット成分が体内に吸収されやすいことが判明しています。クリームタイプは、体内に吸収されにくく、しっかりと肌になじむため、敏感肌をしっかりと守れます。


<令和はじめての夏限定 お試しキャンペーンを開催>
5つの条件を満たした『やさしいUVカットミルク』を540円で試せる特別キャンペーンを7月30日より開催。「まずは肌にあうかどうか試したい」という敏感肌の方にとってうれしい企画です。やさしいUVカットミルクと一番相性のいいスキンケアも無料プレゼントとなるお得なキャンペーンは、2019年夏限定。特設販売サイト( https://www.earthcare-net.com/lp-uv-02/ )にてお求めいただけます。


<株式会社アースケアについて>
●『保湿』と『安全性』を重視したスキンケア商品を販売
2000年に創業。乾燥肌・敏感肌の男性社長が開発した基礎化粧品「アクシリオ」を中心に、キレイな肌をつくるための商品をECにて販売。『保湿』と『安全性』を重視したシンプルスキンケアは、その手軽さから、仕事や家事・子育てに忙しい世代・乾燥肌や敏感肌に悩む女性に愛用者が多いです。

●すべての商品を、顧客と共に開発
「本当に必要とされるものだけを商品化する」そのために、すべての商品は、顧客の要望をもとに研究・開発を行います。社内で試用ののち、効果が見込める場合のみ、顧客によるモニター試用を実施、効果や問題点をさらに検証。これを繰り返し、最終的に効果が実証できたものだけを商品化します。このプロセスで、基礎化粧品・健康食品・日傘など、約20点の商品の開発・販売を行っています。

●オウンドメディア『10万人のスキンケア』にてスキンケア情報を発信
これまでにおよそ10万人の肌悩みと向き合い、サポートしてきた経験をベースに、正しいスキンケアにつながる情報を、オウンドメディア『10万人のスキンケア』( https://www.earthcare-net.com/ )にて発信しています。
「自分たちの経験や、お客様から直接聞いたお話をきちんと言葉にできるのは、自分たち自身しかいない」という考え方から、キャリア10年以上の肌の専門家が、自分たちの手で、ひとつひとつの記事を書き上げています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング