スタジオジブリが誇る“天才アニメーター”近藤喜文が手掛けた名作アニメを一挙公開!「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」9/16まで三重で開催

@Press / 2019年8月6日 17時0分

三重県総合博物館にて開催中の「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」。
近藤喜文(1950-1998)氏は、新潟県五泉市に生まれ育ち、高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられた日本屈指のアニメーターです。
高畑勲監督の「赤毛のアン」「火垂るの墓」など、日本のアニメーション史に残る名作において作画監督やキャラクターデザインといった重要なポジションを務め、1995年には「耳をすませば」で初めて長編アニメーション映画を監督しました。アニメ制作の第一線で活躍するとともに、彼の描き出す丁寧で繊細な絵は、多くのアニメーターに影響を与えました。

スタジオジブリの全面的な協力のもと、アニメーションの原画やイメージボード、スケッチなど、500点以上ご紹介します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190239/LL_img_190239_1.jpg
「魔女の宅急便」イメージボード 1989年 (C) 1989 角野栄子 ・ Studio Ghibli・N「耳をすませば」絵コンテ(部分)1995年 (C) 1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

<本展のみどころ>
▼アニメーター近藤喜文の誕生
「ルパン三世」「未来少年コナン」など、初期に関わった作品を紹介。

▼開花しはじめる才能
「赤毛のアン」「名探偵ホームズ」など、高畑勲、宮崎駿との出会いで、新たな世界を切り開いていた時期。

▼大いなる挫折
企画だけで成立しなかった作品のラフスケッチや、日米合作映画「リトル・ニモ」のために作成したパイロットフィルムを紹介。

▼スタジオジブリ時代
「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」のキャラクターデザインやイメージボード、「魔女の宅急便」のイメージボード、「紅の豚」や「もののけ姫」などの原画、唯一の長編監督作品「耳をすませば」の絵コンテ、キャラクター設定、セル・背景原画などを展示。

▼その他にも
原画をパラパラできる体験コーナーや、ムーンと一緒に写真が撮れる撮影コーナーもあります。

多くの人々が親しんだ、その清潔な人柄と温かなまなざしによって生み出された動画家・近藤喜文氏の世界を、心ゆくまでお楽しみください。


【開催概要】
会期 : 2019年7月6日(土)~9月16日(月祝)
観覧時間 : 平日9:00~17:00、土日祝日9:00~19:00
(ただし入場は閉場30分前まで)
休館日 : 毎週月曜日(9月16日は開館)
会場 : 三重県総合博物館(MieMu:みえむ)
三重県津市一身田上津部田3060
お問合せ : 三重県総合博物館 TEL 059-228-2283
主催 : 近藤喜文展実行委員会(三重県総合博物館、中京テレビ放送)
共催 : 中日新聞社
後援 : 近畿日本鉄道、三重交通
企画制作協力: スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館
公式サイト : https://www.ctv.co.jp/event/kondo/

観覧料:一般1,300円、大学生800円、小中高生500円
お得なペアチケット(2枚1組)2,300円
※未就学児童は入場無料
※身体障がい者手帳等をお持ちの方とその付添の方1名様は観覧料無料。
※各種割引の併用はできません。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング